音楽と健康

音楽療法

音楽療法

 音楽療法が有効であると考えられている病気がある事が分かっています。
 ただ病気の治療には音楽療法の他、通常の薬剤や注射が必要な時もあります。この事から音楽療法士と医師の共同作用が必要な時があります。

 最近音楽療法が効果があると考えられている病気
① 脳血管障害の後遺症
例えば失語症など
② 老化に伴う異常
例えば認知症など
③ 睡眠障害 不眠症
④ 不登校 自閉症
⑤ 拒食症
⑥ アトピーなどアレルギー性の病気
⑦ 何らかの発達障害
例えば行動障害や協調性に欠ける行動など
⑧ 精神科あるいは心療内科的病気
例えばうつ症状、統合失調症
⑨ 火傷
⑩ 大きな精神的ダメージをうけた後など

 しかし音楽療法を他の病気と同じ治療法と考えてはいけない部分もあります。
 これは他の治療法の方が明らかに治療効果が高いという病気があるからです。
音楽療法にこだわり過ぎてもいけない事は確かです。
もちろん他の治療法に比べ、明らかに音楽療法が勝っている点も多くあります。
 また他の治療法でなかなか良くならなかったのに、音楽療法が治癒をアシストする事も沢山あります。
まず専門家とよくお話をする事、次に少しでも良いと考えられたら、積極的に試みてみる事が大切ですね。

ログイン ID・パスワードを忘れた方