食と健康

すまぴーの健康レシピ

身体を中から強くする!

 昆布が存続の危機にあるようです。日本近海の天然昆布のうち主要11種類(ナガコンブ、マコンブなど)が、2090年代までに消滅するかもしれないという研究発表が、先日ありました。原因は、地球温暖化による海水温の上昇です。
 出汁、おでんの具、つくだ煮・・・日本人の食生活にかかせない食材である昆布。養殖もありますが、やはり天然の方が、味がよいそうです。昆布の茂る場所に生息するウニやアワビが減少するなど、生態系にも大きな影響があります。なんとかして消滅を食い止めたいものです。

 本コラムで以前ご紹介したように、肉や魚に代わる新たなタンパク源としては、昆虫やスピルリナ(藻の一種)、代替肉などが注目されています。これらは、生産する際の環境負荷が、肉や魚に比べて少ないというのが特徴です。
 “大手ファーストフードが今夏に植物性100%のハンバーガーを全国販売する”という記事では、競合各社との開発競争が激化すると書かれていました。開発から生産、販売、そして食卓へ。市場に普通に出回るのは、もう目前でしょう。

 このように、食の潮流はぐんぐん速まっています。そして、その方向性は、SDGs=Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)に示されるような、「環境負荷を減らし地球と共存するかたち」を目指すものです。
 
   *   *   *   *   *   *   *   *   *

 いま世界中が、COVID-19の脅威にさらされ不安に怯えています。生命はもちろん経済や社会にまで広がってきていますが、何とかこれ以上の広がりを食い止めたいですね。他の生物の生命を頂き、地球の恵みを享受してきた人類の務めかもしれません。
 そのために、ひとりひとりができること。それは、きちんと栄養をとり、休養して、適度に運動し、身体を中から強くするように、努めることです。


今月のレシピ:身体を中から強くする!をコンセプトに、免疫力アップに効く食材をふんだんに使用した具沢山のうどんです。心身の健康には、具たっぷり愛情たっぷりな食事が一番。まずはそのまま頂いて、それからトッピングを加えて・・・そんな味の変化も楽しんで、幸せな気持ちに包まれていただけたら嬉しいです。

ログイン ID・パスワードを忘れた方