食と健康

すまぴーの健康レシピ

食のイノベーション

 2008年に海外展開を本格化し、成功した日本のラーメン店があります。NY店の人気メニューのひとつが「クラムチャウダーラーメン」だとか。以前、駒沢オリンピック公園で行われたラーメンイベントで逆輸入紹介され、話題になっていました。
 また、渋谷にできた新しいビルに入っているもんじゃ焼き屋さんは、のれんに「MONJA」「FRENCH」の文字が。メニューは、「オマール海老のビスクもんじゃ」「鴨ミンチと九条ネギの赤ワインソースもんじゃ+フォアグラ」など、びっくり&興味をそそるものばかりで、行列ができる人気店です。

 いっぽうアメリカではいま、植物肉革命が起こっているようです。アメリカといえばファーストフードのイメージですが、それらの店が軒並み植物肉を扱いはじめているのです。しかも、植物肉を試した人のうち90%は、肉を食べていた人々なのだそうです。植物肉は、ベジタリアンだけのものではなくなりつつあるようです。
 肉だけでなくミルク市場にも変化が起きています。日本でも人気のアーモンドミルクのように、いまやミルク市場の10%以上が植物性になってきているそうです。
 こうした潮流のきっかけは、持続可能な開発目標(SDGs)に代表される、環境意識の広がりと考えられています。環境に与える負荷がより少ない方法で食料を供給すること、そしてそれを積極的に消費することで、ヒトも気候変動に対処でき、持続可能な世界を支えていけるというわけです。
 細胞培養して作る魚や肉、工場で作る野菜なども、注目の的です。次世代フードビジネスを作り出すイノベーター(革新者)たちの活躍から目が離せません。そして、それら次世代フードをどう選ぶか、どう食べるか、といった正しい知識が、私たちには必要となってくるでしょう。

 2020年、令和2年がスタートしました。食文化も、食の需要と供給も、常識という垣根を超えてますます面白くなってきそうですね。

今月のレシピ:粉末タイプのコーンクリームスープをお好み焼粉に混ぜて、あさりとベーコンを加えれば、クラムチャウダー味のお好み焼きの出来上がり。お好みの形に焼いて、みんなでワイワイ召し上がれ!

ログイン ID・パスワードを忘れた方