食と健康

すまぴーの健康レシピ

オリンピックイヤーに向けて<その2> 〜どうなる?HACCP(ハサップ)〜

 2020年にむけて、もうひとつ大きく動き出しているのは「HACCP導入の義務化」です。

「HACCP(ハサップ)」とは、1960年代に米国で生まれた食品衛生管理の手法。アポロ計画の時に、宇宙食の安全のために開発されました。宇宙食の世界が、私たちが日ごろ食べている食品に導入されるなんて、ちょっとワクワクしませんか?さて、順を追ってお話ししましょう。

1.HACCPってどんな方法?どこが優れているの?
H:Hazard A : Analysis and  C : Critical C : Control P : Point 
危害要因    分析  ・   重要    管理    点

 食中毒汚染や異物混入など危害の要因は何かを分析し、それらを全工程から無くす(または減らす)ために重要ポイント(点)管理するやり方です。
 従来のやり方は、最終製品の一部を抜き取って検査する方法です。ですがそれだと、全ての製品の安全を確認することはできません。問題のある製品が出荷されることをより効果的に防げるだけでなく、問題の原因を追及できるのが、HACCCPのメリットです。

2.どうやって導入するの?
今後のスケジュールとしては、改正食品衛生法が2020年6月から施行され、経過措置期間を経て2021年6月から、原則として全ての食品等事業者にHACCP導入が義務化されます。
具体的な導入方法は、「HACCPの7原則12手順」に沿って行い、それを繰り返していきます。繰り返しによって、衛生管理改善について、継続的な取り組みを行っていきます。

3.課題は?
 大企業での導入は進んでいますが、中小規模の事業者は大変です。スタッフの教育、設備の見直しなど、やらなければならないことが山積みなうえ、お金がかかります。製造している食品によって管理方法が異なる点も、難しいです。
 こうした課題を乗り越えるためにHACCP支援法をはじめ、様々な施策が講じられています。

4.日本の食品の未来は?
 EUや米国など多くの国々で既にHACCP導入が義務化されています。今回のHACCP導入により、よい広く世界の人々に我が国の食品が、愛され消費されるようになるといいですね。
 もちろん私たちにとっても、いま以上に安心して、安全な食品を食べることができるようになるのは、有難いことです。

今月のレシピ:頂上(金メダル)に向かって各国が競い合う、そんなイメージで盛りつけてみました。つゆが凍っているので麺が伸びにくく、最後まで美味しくいただけます。涼感をたっぷり楽しめるレシピです。

ログイン ID・パスワードを忘れた方