食と健康

すまぴーの健康レシピ

オリンピックイヤーに向けて<その1> 〜新しい食品表示制度〜

 2015年4月1日に施行された食品表示法。5年の経過措置期間が終わり、2020年4月からいよいよ新表示に完全移行です。本コラムでは新表示のなかから、「栄養表示」について、一部抜粋して、お話しします。

1.栄養成分表示の義務化(一般用加工食品及び一般用添加物)
 ①義務表示・・・エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム(食塩相当量で表示)
 ②推奨表示・・・飽和脂肪酸、食物繊維
 ③任意表示・・・糖類、糖質、コレステロール、ビタミン類、ナトリウムを除くミネラル類、n-3系脂肪酸、n-6系脂肪酸

 ①は、生活習慣病予防や健康の維持・増進に欠かせない基本5項目として、栄養成分表示をする場合は必ず入れなくてはならないとされました。②は、日本人の摂取状況や生活習慣病予防との関連から、表示が推奨されています。(ただし、添加物は②も任意表示)

2.栄養強調表示に係るルールの改善(一般用加工食品及び一般用生鮮食品)
 ①補給できることをうたう・・・たんぱく質、食物繊維、カルシウムなどミネラル類、ビタミンB1などビタミン類
 (表現例:高XXX、**たっぷり、**含有、XXX30%アップ)
 ②適量摂取ができるとうたう・・・エネルギー、脂質、飽和脂肪酸、コレステロール、糖類、ナトリウム
 (表現例:XXXゼロ、ノン**、XXX控えめ、**10%オフ)
 ③無添加であることをうたう・・・糖類、ナトリウム塩
 (表現例:XXX無添加、**不使用)

 今回、食品の国際規格“コーデックス”の考え方が導入されました。具体的には以下の通りです。
・①②において、強調表示をするための要件を変更
・①において強調表示に必要な数値の計算方法を変更
・③において一定の条件が満たされた場合にのみ強調表示できる

 食品をとりまく環境では、2020年に大きな変化が2つあります。その一つがこの新食品表示です。オリンピック開催にむけて、日本の食品が世界基準を満たしていることをアピールするのが目的なのかどうか、わかりませんが、少なくともオリンピックイヤーであることが、大きな変化のきっかけになっているかもしれません。
 次回は<その2>として、もう一つのトピックをとりあげる予定です。

今月のレシピ:“ところてん ところかわれば 味変わる”つるっとした喉ごしと冷たさで、暑い夏にぴったりのところてん。低カロリーで食物繊維豊富なのもうれしいですね。昔から、地域によってさまざまな味で食べられているようです。今回は、味噌ベースの軽食風にしてみました。

ログイン ID・パスワードを忘れた方