食と健康

すまぴーの健康レシピ

香りと健康

 ノートルダム大聖堂の火災は、大きな衝撃でしたね。歴史的・文化的建造物が心のよりどころとなっていると、あらためて実感した人々が多いのではないでしょうか。
 ノートルダム大聖堂は、私にとっても特別な場所。いままで何度も訪れていて、たくさんの思い出があります。よいかたちで再建されてほしいし、再び同じようなことが起こらないよう願っています。

 そんなフランスへの思いをこめて、今回は香りについて。ワイン、香水・・・、とかくフランスには香りにまつわる文化がありますからね。
 
 香りと健康に関して、興味深い報告があります。「食べ物の香りを感知できない生体は寿命が縮まるかもしれない」というものです。
香りを感知することによって生成される成分が、腸における細胞の再生を促しているそうです。よって、香りを感知できない生体は、細胞の再生が滞り、寿命も縮まるということのようです。
ふだん食べ物の香りを嗅いだだけで、リラックスしたり、唾液が出てきたりしますよね。そういった香りによる生体反応は、腸でも起きていて、細胞に影響を与えているのです。

 そんな香りの力を利用する新しいビジネスを、日本の企業が立ち上げ、世界から注目されています。香りを分析し、データ化することに成功したのです。「香りの可視化」です。
 データとして香りを表現することで、実際に嗅がなくても香りを的確に伝えることができ、酒や香水に限らずいろいろなものを実物がなくても販売すること(インターネットなどで)に結びつけることができます。
 また、香りの再現性を利用して、医療分野や、店舗開発など空間プロデュースの分野にも、広がりが期待できそうです。

 食べ物の香りと健康に、話を戻しましょう。
 うどの香り成分はジテルペンアルデヒドといって、自律神経を安定させ心を落ち着かせる作用があるそうです。木の芽の香りには、脳を刺激し内臓を活発化して代謝をあげる作用が、グレープフルーツの香りには、リラックス効果や脂肪燃焼を促す作用があるそうです。
 香りの持つ力について研究が進むと同時に、それを上手に利用する新ビジネスが発展し、私たちの健康寿命延伸に寄与してくれることを、願ってやみません。

今月のレシピ:人々に長く愛され親しまれているフランスのオープンサンド、”タルティーヌ”。スライスしたフランスパンにバターを塗り、好みの具をのせるだけ。春を感じる食材、うど、そらまめ、新じゃがをベースに、「まごたちはやさしい」食材で作る、いろどりよい3種をご提案します。(「まごたちはやさしい」は次回解説します、お楽しみに!)

ログイン ID・パスワードを忘れた方