食と健康

すまぴーの健康レシピ

新春の行事食、古今東西考

 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 私(名古屋在住)は、今年も鏡開き(11日)に「ぜんざい」を食べました。いただきながら「松の内っていつまで?」「鏡開きは11日と決まっているの?」「ぜんざいとお汁粉の違いは?」なんて話題で盛りあがりました。皆さんはご存知ですか?

<松の内=歳神様がいらっしゃる期間>
 もともと15日までが松の内とされていました。いまでも関西では、15日までが松の内だそうです。
 ですが私(関東出身)は、「七草粥を食べたらお正月飾りを外すのよ」と母に教わりました。七草粥を食べるのは1月7日。したがって松の内は、7日までになります。なぜ関東では、7日なのでしょう。それは鏡開きと関係があります。

<鏡開き>
 鏡餅には歳神様の力が宿るとされ、それを開いて(割って)食べてお力をいただき、一年を無病息災に過ごすという行事が、鏡開きです。20日に行っていましたが、江戸時代に徳川家光公が20日にお亡くなりになったため11日にすることに。それに伴い、幕府から「松の内は7日まで」とおふれが出ました。そこで関東では、7日までが松の内、11日が鏡開きとなったのです。
 これが関西には浸透せず、松の内は15日のまま、鏡開きは15日に行うところと20日に行うところがあるようです。

<ぜんざい・お汁粉>

お汁粉ぜんざい
関東①汁気の多い餡の中に餅が入っているもの
(こしあん・粒あんの別は無し)
②餅に汁気の少ない餡をかけたもの
関西③汁気の多い「こしあん」の中に餅が入っているもの④汁気の多い「粒あん」の中に餅が入っているもの

 ちなみに、私が毎年いただくのは④です。関東出身の私は、皆がそれを「ぜんざい」と呼ぶことに違和感が(私にはお汁粉としか思えない)ありますが、名古屋は「ぜんざい」に関しては関西寄りのようですね。

 さて、2月3日は節分です。節分の行事食としてすっかり定着した「恵方巻」。これにも、歳神様や七福神にちなんだお話がありますが、それはまたあらためて。
 今年は新天皇が御即位し新元号となります。日本人の祖先である神様に思いをはせ、歴史をふりかえりながら行事食を味わう一年にするのも、よいのではないでしょうか。



今月のレシピ:亥年にちなんで、イノシシの子ども「瓜坊」と「瓜」をかけて、太巻きを作ってみました。緑・白・赤・黄・黒の五色が揃い、胡瓜5+まぐろ1+長芋1=七本の具を中心に「よろこんぶ」も入って縁起よく恵方巻にもぴったりです。


ログイン ID・パスワードを忘れた方