食と健康

すまぴーの健康レシピ

食糧事情と未来へのあらたな取組み

 2050年には、世界の人口が98億人に達する可能性があるそうです。その頃には、その人口を賄う充分な食糧が生産できないのではないか、と危ぶむ声があがっています。
 そこで、あらたな食材やあらたな生産方法によって、食糧危機に備えようという動きが盛んになっています。とくに最近話題なのは、タンパク源としての昆虫と藻、そして工場で作る野菜です。

 2013年に、国際連合食糧農業機関(FAO)が、昆虫を食用や家畜の飼料とすることを推奨する報告書を出しました。
 日本を含む一部の諸国では昔から食べられてきた昆虫。蜂の子(ヘボ)の炊き込み御飯やイナゴの佃煮・・・私も実際に、見たり食べたりしたことがあります。今まで昆虫を食べてこなかった他の国の人たちが、そこに目をつけ、昆虫を次世代のタンパク源にできないかと思ったという話を、聞いたことがあります。
 生産(飼育)には更なる研究開発が必要ですが、少なくとも、肉や魚に比べれば環境への負荷が少ないのではないかと期待が寄せられています。

 もうひとつタンパク源として注目されているのが、藻の一種、スピルリナです。ビタミン、ミネラル、食物繊維、タンパク質を豊富に含むため健康食品として流通していましたが、ある会社が、スピルリナ特有の臭みを抑える方法を発見し、一気に一般食品としての加工流通に広がりをみせたようです。
 穀物つまり飼料を使わず、省スペースで生産できるとして、宇宙食としても注目されているそうです。

 あらたな生産方法の注目株は、工場で作る野菜です。近年、異常気象で野菜の供給が安定しないなか、密かに市民権を得はじめています。
 まず消費者には、安心安全、そして環境への負荷低減という2点において、イメージがよいようです。
 弁当惣菜業界にも、工場野菜が重宝されています。野菜そのものの価格変動は消費者に分かりやすいですが、弁当惣菜の材料が高騰しても価格への転嫁は難しいのが実情。その点、工場野菜は安定供給で価格変動が少ないのが有難いのでしょう。

 食べることは、生きること。人類が末永く、安心して健やかに生きるために、地球環境との共存を含め、あらたな取組みが進んでいることに、ますます注目ですね。


今月のレシピ:白菜は中国では“養生三宝”のひとつとされ免疫力アップや風邪予防によい栄養素がたっぷり。りんごは疲労回復に効くリンゴ酸や水溶性食物繊維のペクチンを、いちごはビタミンCの含有量が抜群など嬉しいことばかり。「栄養素」と「いろどり」バッチリ、しかも「カロリー控えめ」と、クリスマスや年末年始にぴったりのサラダです!


ログイン ID・パスワードを忘れた方