食と健康

すまぴーの健康レシピ

和食と塩分

 「高血圧を防ぐために減塩を」と言われ続けて久しいですが、みなさんは、「食塩を一日あたり何gまで摂ってよいか」、意識していらっしゃいますか。
 日本人の食事摂取基準2015に示されている値(食塩摂取量の目標量/一日あたり)は、男性が8.0g未満、女性が7.0g未満。世界を見渡してみると、WHOのガイドラインでは5g/日未満、アメリカなど諸外国は6g/日未満のところが多いです。

 では実際に、人々の食塩摂取量が減っているかというと・・・徐々に減少はしているものの、いまだに目標量は上回っているというのが現状のようです。(男性11.0g・女性9.2g/日:平成27年の国民健康・栄養調査より)
 和食は健康によいといわれていますが、漬物を食べたり、味噌汁を飲んだり、醤油をかけて食べるおかずが多かったりと、塩分過多になりやすい点は、注意が必要でしょう。

 ただ、「いい塩梅」という言葉があるように、塩加減は味の決め手です。それに、ナトリウムは必須ミネラルとして身体にとって大切な役割を果たしているので、むやみに控えるのではなく適度に摂りたいものです。
 具体的には、以下の4点がポイントではないかと思います。
1、美味しいと感じる塩分濃度は0.8〜0.9%:
ヒトの体液の塩分濃度と同じ。この%にするよう調味する。調味料をはかって使うようにするとよい。
2、旨味に注意
だし汁に含まれているのはイノシン酸ナトリウムやグルタミン酸ナトリウムなので、塩分を控えたつもりでも実際はナト リウムを摂取していることに。摂りすぎに注意する。
3、「味の相互作用」を利用して、摂りすぎを防ぐ。
 ①相乗効果: 旨味は、動物性食品と植物性食品(例:鰹節と昆布)を組み合わせるとその強さが数倍に増強される。
 ②同時対比: 異質な2つの味を同時にとると片方が他方の味を強める。(例:塩味と甘味)
4、スパイス&ハーブの香りや、食材そのものの味を利用することで、薄味でも美味しくいただける。

 日本高血圧学会と日本高血圧協会によって、5月17日は「高血圧の日」、毎月17日は「減塩の日」とされています。この機会に、味つけや食材選びに気をつけて、適度な塩分摂取を心がけてみてはいかがでしょうか。

    
今月のレシピ:あさりと桜エビのかき揚げを、梅肉と大葉でさっぱりといただきます。辛みが少なく、みずみずしい新玉ねぎとグリーンピースのほっこりとした甘みがアクセント。ボリュームはありますが、塩分控えめの一品に仕上がりました。

ログイン ID・パスワードを忘れた方