食と健康

すまぴーの健康レシピ

食養生の考え方~食物の性質と健康~

 2018年最初のコラムは、ちょっと視点を変えて東洋医学のほうから、食と健康について考えてみたいと思います。

 東洋医学は、「バランス」がキーワード。この世はバランスを保つようにできていて、そのバランスが崩れると不具合が生じるという考え方です。
 例えば、“気温の高い土地原産の食物(トマト:中南米原産、なす:インド東部原産など)には身体を冷やす働きがある”、“寒い地方の人々の食事は塩味が強い(その理由は後述します)”といった具合です。
 食物の性質を知り、自分に合ったものを食べることで、心身のバランスを整え、健康を維持できるというわけです。それこそが、食で生命を養う=食養生なのです。
<食物の性質その1:味> 五味(酸・苦・甘・辛・鹹) ※鹹味(かんみ)は、しおからい味のこと

 先ほど、寒い地方の人々の食事は塩味が強いというお話をしました。鹹味が耐寒性をあげるのに役立つことから、自然とそういう味つけになっているといえそうです。
 五味はそれぞれ臓器と対応していて、バランスよく摂取すれば、内臓機能が整い「五味調和」となります。

<食物の性質その2:五性> 四気(寒涼温熱)+平性(身体を温めも冷やしもしないもの)=五性 ※五気ともいいます

平性を中心に、左にいくほど機能や代謝を高め、右にいくほど機能や代謝を抑える作用があります。代謝が悪く冷え性なら左寄りの食べ物を、逆に代謝がよくて暑がりならば右寄りの食物を選ぶとよいと言われています。
 住んでいる土地の気候やそのときの体調に合わせて食物を選んで、バランスを整える工夫もよいでしょう。

 食養生の考え方は、紀元前からあります。そして現代の薬理研究により、食物の性質(薬効)の解明が進み、その素晴らしさを証明するエビデンスが集まってきています。
 科学的根拠に裏づけられ、ますます信頼と安心が高まる食養生の考え方。健康のためにぜひ取り入れてみてください。

今月のレシピ:暦のうえでは春がはじまる立春、そして立春の前日が節分です。けれど、まだまだ寒い日は続きますね。白身魚をせいろで蒸すことで、ふっくらジューシーな仕上がりに。細かく刻んだトッピングは、香りと歯ごたえが口の中で組み合わさり、春の日差しを思わせるやわらかな風味がたちのぼります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方