食と健康

すまぴーの健康レシピ

水分補給にひと工夫 ~「水」を選んで飲む~

 フランスで仏史上最年少(39歳)の大統領が誕生して、話題になっていますね。テレビにパリの街が映る度、私の脳裏には、9年前に旅した楽しい思い出が蘇ります。
 たとえば・・・。スーパーで水を買おうとすると、驚くほどたくさんの銘柄が、棚に並んでいるのです。さらに、“non gazeuse (炭酸なし)”と“gazeuse(炭酸入り)”があるので、その時の気分によって選びます。レストランやカフェでは、水は頼んで持ってきてもらいます。注文する場合は、具体的な銘柄や、炭酸なし、あり、どちらがよいかを伝えます。
 当時まだ、日本で販売されている水の銘柄はそれほど多くなく、炭酸水もあまり出回っていなかったので、パリでバラエティ豊かな「水」を選んで買う生活はとても興味深く、楽しいものでした。

 あれから9年。いまや日本でも、「水」は一大市場になりました。炭酸水も普通に出回り、美容や健康によいと人気です。いったいどんな効果があるのでしょうか。調べてみました。

血流がよくなる
  二酸化炭素が血中に増え、“酸素をとりいれよ”という指令が脳から出て、結果として血の巡りがよくなるそうです。
胃を元気にしつつ、食欲は適度に抑える
  刺激で胃を元気にしつつ、炭酸による腹部膨満感で食欲が適度に落ちつくとか。シュワッという爽快感によるリラックス効果も。
ビタミン・ミネラルの補給が手軽に
ミネラル豊富な硬水は、その独特の風味が苦手な方もいますが、炭酸入りの硬水なら、炭酸により独特の風味が薄れ飲みやすくなり、手軽にミネラルを補給できます。ライムやレモンを添える飲み方も一般的なので、ビタミン補給にもなりそうです。
便秘解消になる
  炭酸の刺激により、腸の蠕動運動が促されるといわれています。

 たしかにこうしてみると、炭酸水が人気なのも、頷けますね。
 地球温暖化のせいか、一気に夏を迎えたかのような蒸し暑い日がある、最近の日本。水分補給に工夫したいところです。だからこそ、「水」の種類が豊富なのは、楽しいし、嬉しいですね。
 炭酸水をはじめ様々な種類の水を、好みや気分、その日の体調にあわせて上手に選んで、爽やかに過ごしましょう!

  
今月のレシピ:シュワシュワと泡立つ炭酸、色とりどりの野菜、レモンとミント・・・目に麗しく、口に入れれば炭酸と寒天ゼリーで喉ごし爽やか。涼しげなサラダの出来上がりです。食べるサラダ?飲むサラダ?どちらとも言えない食感も楽しい一品。

ログイン ID・パスワードを忘れた方