カルチャーと健康

レッツ健康!!    (Dr.コラム)

 子宮頸がん検診で、細胞診検査や組織検査では現在が分かり、 ヒトパピローマウイルス検査では将来が分かるというお話

 子宮頸がん検診で、細胞診検査や組織検査では現在が分かり、
ヒトパピローマウイルス検査では将来が分かるというお話

 子宮頸がんの原因の殆どがヒトパピローマウイルス(HPV)の感染だと考えられていますが、最近このHPVの検査が、一般の健康診断でも行われるようになってきました。
さてこれで何が分かるのでしょうか。

 子宮頸がんの検診には、細胞診検査という検査方法が最初に選択されます。
結果はベセスダ分類やクラス分類と言う方法で出ます。
さらなる精密検査が必要な場合は、腟拡大鏡検査(コルポスコープ検査とも言います)を行った上で、組織検査が勧められます。
これらが、従来から行われていた子宮頸がん検査です。
現在癌の疑いがあるかないか、あるとしたらどの程度かが分かります。
また手術が必要か、手術をするとどんな手術が必要かも選択されます。

バックナンバー一覧

ログイン ID・パスワードを忘れた方