カルチャーと健康

レッツ健康!!    (Dr.コラム)

肥満の子供にはフルーツジュースより果物を

質問
 子供を病院につれていく時、子供がむずかるのでジュースを持たせています。
先日義母に「そんなにジュースを飲ませていいの」と聞かれました。私は「100%ジュースだから、果物を食べさせているのと同じです」と言ったら、「そんなものかね」と言われました。実は私も少し疑問に思っていた所なのですが、どうでしょうか。


 ジュース等の甘い物は小児はとても好きです。一部には脳の発達には糖分は不可欠との考えがあり、「おやつ」として与える事は有意義だと考えられます。
しかし、子供がむずかるので「ジュースで気持をそらす」というのは、病院に行く時など必要な時に限った方が良いかと思います。あるいは果物の摂取が足りないと思った時にあげるようにしたらどうでしょう。

 100%ジュースは飲み易さ、甘さ、美味しさ等からどうしても過量になりがちです。特に体重が標準的な子供に比べ、大きいお子さんは注意が必要と考えられています。
摂取される事は良いとしても、1日の飲む量をきちんと管理された上で飲ませる事が必要でしょう。

 米国小児科学会では、生後6ヶ月までは離乳食の中にジュースを含めない方が良いと指摘しています。

 ジュースより果物を丸ごと食べる方が身体に良いという考えもあります。
これは果物を直接食べる方が繊維質が含まれているという点や、1つの果物でも部位によって食品成分にバリエーションがあるという考えがあるからです。
またジュースの原料や製造過程の情報が十分伝わっていないという考えも一部にあります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方