カルチャーと健康

レッツ健康!!    (Dr.コラム)

クラミジア感染が分かった時は、それぞれの症状の程度、赤ちゃんを希望されているかなどにより、いろいろな検査をすすめられる時があります。

1. クラミジア抗体検査をすすめられる時があります。
2. 白血球の数、CRP検査などの炎症の程度をみる検査をすすめられる時があります。
 クラミジア感染が広がった時は、腹痛、発熱等の症状が出る時があります。
 こうした時はどれだけ炎症が広がっているか血液検査で確かめる必要になります。
3. 超音波検査
 炎症が広がっていると考えられる時は、超音波検査で腹水など炎症に伴う異常がないか調べる時があります。
4. 卵管が閉塞していないか調べるようすすめられる場合があります。
  赤ちゃんを希望されている人は、炎症が落ち着いた後で、卵管の通過性をみる検査をすすめられる事があります。但し炎症がまだあると考えられる時は別です。

ログイン ID・パスワードを忘れた方