カルチャーと健康

レッツ健康!!    (Dr.コラム)

タバコのお話.

1.タバコは麻薬と同じ
 タバコの害とは言ってみればニコチンの中毒と言えるでしょう。つまりニコチンの依存症―薬物依存症と考えられています。

 薬物の依存と言えば、まず麻薬が頭に浮かびます。ニコチンは他の麻薬に比べると、急性の症状は強くありません。麻薬を使っているという罪の意識も殆どないと言ってよいでしょう。
しかしニコチンは依存症になるのに、たった3週間しか必要ありません。

 たった3週間でタバコ中毒になってしまうのです!

2.タバコはリラックスさせてくれない
 よくタバコを吸うと、リラックス出来るといいます。
例えば、食後の1本のタバコがとても良いという人がいます。

 しかしこれらは、医学的根拠はありません。
ニコチンはむしろ血管を収縮させ、脈拍を上げ血圧を上昇させる作用があります。脈拍や血圧が上がってリラックス出来るなんて考えられませんね。

ログイン ID・パスワードを忘れた方