カルチャーと健康

レッツ健康!!    (Dr.コラム)

イギリスではお昼の給食が変わりました。子供の健康改善のためです。

 最近イギリスの学校給食の内容が大幅に変わったというニュースがありました。
給食の中に野菜を多く摂りいれるという事だそうです。これには背景があります。

 例のサッチャー首相の民営化政策の中に学校給食も入っていました。
その結果、生徒達の好みそうなものだけが売られるようになり(コーラ、フライドチキン等)、生徒の肥満、メタボリック症候群予備軍が増える結果になったそうです。

 これを心配した、ある有名なシェフが「これではいけない、成長期にはそれに合わせた食事を」という提言をして、今回の改善になったとか。
今までの食事に慣れていた生徒には不満があるそうですが、その成果は時間が経ってきっと出てくるでしょう。
 
 それにしても1人の勇気のある人に関心します。またそれを受け入れた政治にも敬意を表したいですね。

ログイン ID・パスワードを忘れた方