カルチャーと健康

レッツ健康!!    (Dr.コラム)

子宮内膜症にピルが効くわけ

 子宮内膜症は月経痛、過多月経(月経量が多い、長くつづく)などの症状があります。
これらの症状にピルが効く事はよく知られています。
 ピルを避妊の目的で飲んでいたのに、生理痛も楽になったという話はよく聞きます。
ピルは本来の避妊の目的よりも、月経痛や過多月経を治療するために使われる方が多いと言われています。
 子宮内膜症用(正式には月経困難症用)の薬剤である「ルナベル」「フリウェル-ジェネリック」もピルと同じ成分を保険薬として厚生労働省が許可したものです。

 さて、では何故ピルはこれらの症状に効果があるのでしょうか。
ピルは卵胞ホルモンというホルモンと黄体ホルモンという2種類のホルモンから出来ています。この黄体ホルモンは、生理の出血の元である子宮内膜を薄くする作用があります。
出血の元になる子宮内膜が薄くなれば、出血量も減り、出血している時に起こる痛み(生理痛)も軽くなるという理由です。
最近は避妊リングの中に、このホルモン剤を付着させ、毎日少量ずつ放出させる事で子宮内膜症も改善しようという試みもあります。(ミレーナ)

ログイン ID・パスワードを忘れた方