カルチャーと健康

レッツ健康!!    (Dr.コラム)

医師の簡単な話が病気の予防に効果が(1)

病院に行くと、いろいろな病気の予防のパンフレットがあります。
少し興味がある人はもらって帰りますが、実際の所、読んでとても役立ったという感想をもった人は多くないようです。

 しかし何らかの機会に病院に行った時に、医師から直接少しでも話を聞くと、その話が意外と頭に残って、健康には良いのだという説があります。

 今回は、1.脂質異常、2.急性アルコール中毒、3.妊娠中の禁煙のお話について。
なお、4.糖尿病については近々稿を改めてお話したいと思います。

1. 脂質異常(コレステロールの異常など)
脂質異常とは総コレステロールが高い人、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が低い人、LDHコレステロール(悪玉コレステロール)が高い人をいいます。
脂質異常のある人に、心臓や血管などに異常が出る率が高くなる可能性があると直接お話をすると、脂質異常が改善する率が高いそうです。

2. 急性アルコール中毒
急性のアルコール中毒などで、救急車で病院に運ばれた場合、治療後アルコールの怖さについてパンフレットを渡されただけの人と、短時間でも直接説明をうけた人に分けて、その後の効果を検討した調査があります。その結果、直接説明を聞いた人の方が、アルコールを止めたり減量する治療をうける気になる人が増えたとの事です。

3. 妊娠中の禁煙について。
妊娠中の喫煙は明らかに赤ちゃんに悪影響を与えます。流早産の増加、低体重出産などです。
私が総合病院在籍中に行った調査では、直接妊娠中の喫煙の危険性を伝えた人は、95%の女性が完全禁煙をしました。残りの殆どの人も喫煙本数の大幅の削減をし、結果的に禁煙による低体重の確率は60%に留まりました。

4. 同じ様に糖尿病についても、直接指導の効果が指摘されていますが、これについては次の稿でお伝えしようと思います。

1-3は、いずれも短時間のアドバイスで効果があった例です。
自分では何か心配な事があったら、直接医師から説明をうけるという事が、いかに大切かが分かります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方