カルチャーと健康

レッツ健康!!    (Dr.コラム)

2型糖尿病の人には大豆蛋白がいい  心臓や腎臓の合併症予防になる

 2型糖尿病の人とその予備軍は、わが国でも年々増加しています。
糖尿病が進行するといろいろな臓器に影響が出る可能性があります。

 最近の調査では腎症(腎臓の病気)と合併した2型糖尿病の患者さんに大豆蛋白質を長期間投与すると、そうでない人に比べて、血糖値、総コレステロール値、LDLコレステロール値(悪玉コレステロール)、中性脂肪の値が明かに改善したという事です。
これは、とりも直さず、糖尿病に伴う心血管系の病気の予防、腎機能悪化の予防になるという事になります。

 まだ調査段階ではありますが、大豆蛋白をとるのは日本人のお手のもの。
2型糖尿病の診断をうけている人、その予備軍の人は、お肉などの動物蛋白から大豆蛋白に変えてみては如何でしょう。
 そう考えると、お寺で出される精進料理は理想的な食事と言えるかも知れません。

ログイン ID・パスワードを忘れた方