カルチャーと健康

レッツ健康!!    (Dr.コラム)

肥満で閉経が45歳未満の人は子宮体がんに注意!

 肥満の人は、肥満のもとになる脂肪組織から女性ホルモン(卵胞ホルモン)が出るため、ホルモンに関係する癌の発生率が高くなる可能性があると考えられています。
乳がん、子宮体がんが代表的なものです。
今回は子宮体がんについて。

1.最終月経が45歳未満で、BMIが35以上の人
  BMI=体重(㎏)÷身長(m)×身長(m)は子宮体がん発生の危険度は高いそうです。子宮体がんが発生する危険度は56%だそうで、これに当てはまらない人に比べて、格段に危険率が上がるそうです。

2.最終月経が45歳以上でも、BMIが35以上の人はやはり子宮体がんが発生する人が多いようで、正常の体重の人に比べても、明らかにがんの発生率が高くなります。

3.最終月経が45歳未満だった人を、遡って調査すると、18歳(あるいは成人の時点)でBMIが25以上の人は、将来子宮体がんの発生する危険度が高かったそうです。若い頃肥満気味でも、その後減量する人もいます。それならば良いのですが、あまり肥満気味で、それが続く人は注意が必要です。勿論気にし過ぎて体重が減り過ぎるのも困りますが。

ログイン ID・パスワードを忘れた方