カルチャーと健康

レッツ健康!!    (Dr.コラム)

認知能力を低下させないために

 将来高齢になっても認知症になりたくないとは誰もが願うものです。
最近は認知症になりにくい食事、日常の行動などがよく議論されています。

 さて最近の調査では(A.Fiocooら.Newnologg 2009:72)
今自分のもっている認知能力を落とさないようにするためには、
① ある程度の識字レベルがある。
② 社会的に活発な活動をつづける。
③ ある程度の強さをもった身体活動(運動)をする。
④ そしてタバコを喫わない事が大切だそうです。

具体的には、識字レベルでは、中学校卒業以上の教育を受けている人は、そうでない人に比べて認知能力が何と「5倍」高かったそうです。
 これは多分日本に当てはめると、きちんとした国語教育や文章を読む習慣が大切である事を意味するのではないでしょうか。ただこの事は、外国語教育を否定するものではありません。むしろ日本は、今後一層世界で飛躍しなければならないからです。

 さて次に日常の活動の必要性が強調されています。
高齢者でも働いている人、ボランティア活動をしている人、ひとり暮らしでない人は、認知機能が正常に働いている率が24%も高かったそうです。
 
 そしてある程度の強さをもった身体活動-運動が大切だそうです。
少なくとも週1回の活発な活動、運動の必要性が強調されています。

 最後にやっぱりタバコが出てきました。
タバコを喫わない人は、タバコを喫う人に比べて約2倍認知能力が維持されるそうです。

ログイン ID・パスワードを忘れた方