女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:円錐手術後の妊娠について

2007/09/20 2:16  nunu

私は昨年11月に高度異型性Ⅲbで円錐切除をうけました。手術後の結果は表面だけで特に奥(?!)までは
進んでなかったよ。とのことでした。
今は半年に一度検査をしております。
今後結婚の予定があり、妊娠を希望しているものです。
結婚生活は今年秋ごろから、海外(UK)に移住の予定です。

このサイトの医師方の親切そして責任をもったお返事に
感激し投稿させていただきました。

1)円錐切除後の妊娠→出産のリスクはどのぐらいのもでしょうか?(すみません。個人差はありますよね。)

2)円錐切除後、自然妊娠→自然出産をされたかたは大勢いらっしゃいますか?(他のサイトでも体験された方の声を聞きたいと検索してみたのですが、自然出産をされた方の:といいますのは・・子宮頸部を縛らずに無事出産されたかたのお話はなかなか探せず。。)

感染のリスクもあるから子宮頸部はあまりしばらないほうがいいよ!と知人の医師がいってました。。

3)海外に行く為あちらでの定期的な検査は今後は、やはり必要でしょうか?
 
私の主治医は渡航前に検査に来たらあとはいいでしょうという事を言われたのですが不安です。

長々とすみません。
どうぞ宜しくお願いします。

A:回答済

2007/09/21 4:03

高度異形成上皮の場合は手術後の定期的な検診(最低年2回)は受けておいた方が良いでしょう。なおイギリスは医療事情が日本とかなり違うようです。その点予め調べられておいた方が良いかと考えられます。

円錐切除後、自然分娩の方は大勢おられます。しかしそれは妊娠中の慎重な検診の結果です。妊娠中に子宮口がしっかり閉じている、流産、早産の可能性が考えられないと判断された結果と考えて下さい。その意味で妊娠中の検診が大切という事になります。
一方で予防的に子宮の出口をしばっておく手術—頚管縫縮術—を行うと、流・早産の確率が減るという調査があります。これは妊娠前あるいは妊娠中の担当医との話し合いがポイントになると思います。
  
なお手術によるリスクは、もし手術をするとなると予め医師から詳しくお話があると思われます。
手術による最大のリスクは手術がきっかけで起る流・早産です。特に流・早産の可能性が高くなってからの手術はその分危険性が高くなると考えられます。したがって手術が必要な時、あるいは必要と予測される時は早目に手術をうける方が良いかも知れません。

ログイン ID・パスワードを忘れた方