女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮ガン検診 Ⅲbと診断されて(2)

2007/03/10 8:17  cherryMAMA

HPVウイルスについて知りたいのですが、8日にコルポ診を受けました。
そこから組織をとって2W後に結果が出るとのことでしたが現段階で高度異型性が認められているということはHPVウイルスに感染しているということでしょうか?
潜伏期間も長いようなので主人にも感染している確立が高いと思うのですが、どうなんでしょうか?
またHPVウイルスを排除する治療はありますか?Drの話しによると結果をみて今後の方針を決めますが3ヶ月おきの検査になるとおもいます・・・とのことでした。それで消えていく場合、このままの状態を保持している場合、進行する場合とあるみたいですが自分としては一刻も早く原因がウイルスな為だけに排除したいんです。そんな場合は円錐切除が効果的でしょうか? また円錐切除をした後もしも私のウイルスが主人にも感染していると 手術後性行為をしたらまた異型性の細胞ができてしまうのでしょうか?そのウイルスによって主人も何か悪い病気になったりするのでしょうか?そう考えると夫との夫婦生活、性生活、妊娠はいけないもののように感じてしまいます。HPVウイルスというのはどこにでもありふれたウイルスだと聞いた事がありますが、主人にとって性感染症を私がもってきたとショックを受けていて この件で日々言い争いが絶えません。そんなことを含め、一刻も早くこんな病巣を排除したいと思うばかりです。何かよい方法はあるのでしょうか?

A:回答済

2007/03/12 4:21

細胞診Ⅲbは膣拡大鏡下で組織検査をうけると、高度異形成上皮やそれより上位の異常が出る事もあるかも知れません。また定期的な通院で良いという結果になるかも知れませんが、いずれにせよ結果が出たら主治医の先生とよくお話をされる事が大切でしょう。
高度異形成上皮以上の異常が出た時は円錐切除手術がすすめられる時もあります。仮にこれらの手術が行われた時は、現在の所再発の可能性は限りなく0に近いと考えられています。
と言う事は、手術をした子宮の出口の部分のパピロ−マウィルスが手術によりいなくなるか、活動する場がなくなるという事になります。しかし残念ながらそれ以上の事は分かっていません。

今回クラスⅢbが出たという事はパピロ−マウィルスの感染があった可能性が高いという事になりますが、HPV感染全てが性感染症かはまだ100%確認されていません。性感染症にしては、あまりに女性の感染が多いという考えもあります。このウィルスについては研究の歴史が浅い事もあり、まだまだ新しい事が出てくる可能性があります。
その意味では今の夫婦間の議論が近い将来全く意味がなかったという事になるかも知れません。あまり言い合わない方が良いのではないでしょうか。この点についても主治医の先生と詳しくお話をする事が大切でしょう。

HPVは男性の癌に関係があるとの調査がありますが、今の所子宮頚癌程はっきりとしたウィルスの関与は分かっていませんし、ウィルスの検査法も確立されていません。ただ男性器の癌は異常があれば目で見えますし、前立腺は血液検査で異常の有無が分かります。従って今の所はあまり心配されなくても良いでしょう。

定期的な検診中や仮に円錐切除をしたとしても、その後の性生活については特別な注意は必要なく、普通の生活で良いと考えられています。
ただ出来れば、どんなタイプのウィルスがいたか(将来子宮頚癌になる確率のあるハイリスクグル−プなのか、そうでないロ−リスクグル−プ)調べられた方が良いでしょう。

なお残念な事に、一度感染したパピロ−マウィルスを殺す薬剤は今のところまだ開発されておりません。
近い将来の開発が待たれている所です。

ログイン ID・パスワードを忘れた方