女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:LEEP

2007/02/27 5:15  sakura

私は、現在アメリカに在住しているのですが、子宮頸ガンの検査で、異常が見つかり、検査の結果、CINⅡと診断されました。LEEP手術をするように言われたのですが、日本語の色々なサイトを見る限り、クラスⅡだと経過を見るといったコメントが目に付きます。
手術をするのに抵抗があり、でも必要ならばしなくてはいけないと思っているのですが、言葉の問題から、説明を聞いても不安が残ります。
クラスⅡでも、LEEP手術は必要ですか?
私は子供がいないのですが、この手術をしても妊娠には問題ありませんでしょうか。
お答え頂ければ、幸いです。

A:回答済

2007/02/28 5:03

CINの取り扱いについては、国により医師により、考えに違いがある可能性があります。
日本のネット情報ではCIN−2は手術をすすめる事が少ないとありますが、日本の一産婦人科医の立場から言うと、LEEP法で切除する事は、前向きに考えた方が良い理由があるのではないかと考えます。

その理由は2つあります。
1 1つはCIN−2と言っても将来癌になる可能性が0では無いという事です。今のうちに危険な芽をとるという事は悪い事ではありません。
2 もう1つは仮にHPV検査を受けていたとすると(アメリカであればうけていた可能性がありますね)16型や18型のハイ・リスクグル−プが出ている場合、将来癌になる可能性が高くなります。もしウィルス検査をうけていてハイリスクグル−プが出ているとしたら、将来の癌の危険性はより高くなる可能性があります。

ただし決心は御自分でなされなければなりません。
このサイトにたびたび出ているように、ネットの情報はこの情報を含めて、あくまで情報に過ぎません。これはいわば学校のテキストの様なものです。
実際の社会に出ると出会うのは応用問題だけです。テキストが役に立たない事すらあります。

病気については、自分を診察してくれた医師と徹底的に話し合いをする事が大切です。
時に自分の命をかける事になるからですから・・・。
今話し合っている医師の論理が理解出来ない時は別の医師の話を聞いてみるべきです。

今迄自分を診察し、デ−タ−をみ、数多くの医学的知識と経験から結論を出してもらう方が、責任者の顔が見えない医療情報より信頼できるのではないかと思います。ネット情報は、医者が語る言葉が一般的な医療水準にあるか、チェックするツ−ルとして利用される程度にしては如何でしょうか。

ログイン ID・パスワードを忘れた方