女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮体がん検診のⅢは?

2009/01/15 2:25  けいこ

子宮がんの検診に行って、子宮体がんの検診をうけたら細胞診検査でクラスⅢと言われました。
今がんではないが、将来がんになる可能性もあり、定期的な検査をうけた方が良いと言われました。
クラスⅢというのは、がんになる可能性があるのでしょうか。急に不安になってきました。

A:回答済

2009/01/22 9:32

産婦人科院長 2009-1-16 2:33 [返信] [編集]

まず子宮体がんの検査を細胞診で行う時、判定がむずかしい事を考える必要があります。
正しい判断をうけるためには、子宮の奥(体がんが出来る部分)をもっと詳しく調べる必要がある時もあります(組織検査といいます)。
さらに内視鏡検査、超音波の検査を組み合わせる必要がある時もあります。
この点は担当の先生ともお話をしてみましょう。

さて子宮体部は卵巣から出る2種類のホルモンの影響をうける所です。このため、この2種類のホルモンのバランスが悪いと子宮の内部は正常のホルモン状態とは違った構造になってしまいます。
このため、この構造の一部をとってきた細胞診検査では、そのホルモン異常がそのまま出てしまいます。
子宮体がんの時は、さらに進んでホルモンの影響を受ける事がなくなりますから異常の程度がかなり違ってきます。

クラスⅢというのはホルモンの影響を受けていて、がん程の異常がないと思われる状態を言います。しかし子宮頚がんの時の細胞診に比べると、判断がむずかしい時もあります。主治医の先生との話し合いが大切になるでしょう。

ログイン ID・パスワードを忘れた方