女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:高度異型成Ⅲbについて

2007/02/05 10:31  名無し

癌検診で、Ⅲbとの結果でした。投稿記事を見ますと、Ⅲbだとやはり、0期もしくはそれ以上の癌があると言う事になるのでしょうか?組織診もしましたが、やはり、高度異型上皮との事ですが、円切をしてみたら、癌があった場合はⅢbの人からは、どのくらいあるのでしょうか?
Ⅲbの人は皆、癌細胞があると思っていいのでしょうか?近いうちに、円切か、子宮全摘を予定はしていますが、癌細胞がない場合正常に戻る確立は0%でしょうか?結局癌があるか、ないか、最終的且つ、的確な診断は、円切しかないのでしょうか?細胞診、組織診で悪性所見はない結果でもそれは、信用出来ない事になるのでしょうか?質問ばかりすみません。とにかく、不安なので、おしえて下さい。

A:回答済

2007/02/07 0:21

細胞診クラスⅢbは、組織検査をすると高度異形成上皮が出る事が多いと考えられます。
従って、今回高度異形成上皮だったという事は、他の人とほぼ同じであったと考えて良いでしょう。

クラスⅢbで円錐切除を行い、0期のがんが見つかる可能性はありますが、その比率は低いと考えて良いでしょう。また仮にがんがあっても円錐切除でとり切れてしまう事が多いと考えられます。
従って追加の手術をする可能性は低いと考えられます。その意味では手術をうければ安心と言えるでしょう。

またどんな手術を行っても、残った組織にがん細胞がなければ、再発は殆ど無いと考えられます。
但し手術の選択、その後の事などは主治医とよく相談しましょう。御相談の内容をみると、細胞診Ⅲbと言われ、少し混乱しているように思えます。

前にもお話があった様にネット上の情報は顔が見えず一方的です。病気というのは症状を聞いて診断を行い、その上で沢山の選択肢の中から医者と患者さんの協同作用で治療法を決めるものです。
今回のコメントをみると医師と御相談の余地がありそうに思えます。 

まず病気に対しては、主治医と時間をかけて、納得される迄お話をされる事が大切ですし、そのようになさる事をおすすめします。

なお細胞診は細胞診、組織診は組織診、円錐切除は円錐切除でそれぞれ医学的な役割があり、それぞれが信用がおける大事な検査法である事をつけ加えておきましょう。

ログイン ID・パスワードを忘れた方