女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:軽度異形成の原因について

2007/01/19 12:44  匿名です

先日子宮頚がん検診を受けたら軽度異形成Ⅲaという結果になりました。
その時は驚いてしまい、ただ再検査の(パンチ?)が痛いかどうかしか聞く事ができなかったのですが、落ち着いたところでいくつか知りたいことが出てきました。

WEBで調べると、「子宮頚がんの原因はHPV!」というものばかりですが、「異形成」というのも必ずHPVが原因なのでしょうか?

実際自分で「子宮頚がん」というものを調べたら、「原因=HPV=性病」という印象ばかり受けてしまい、これではパートナーに「子宮頚がん検診が再検査になった」というと色んな誤解を招いてしまいそうで恐いです。

先生には、異形成Ⅲaの場合は放っておいても人によっては無くなるものだから気にしない様に(でも検査はきちんと受けるように)と説明されたので、自分では大分落ち着いているのですが、HPVの感染以外にも今回の様な判定が出る原因があるのであれば、是非知りたいと思います。

次回再検査なのでその時担当の先生に聞いてもよかったのですが、まだ少し時間があるので、こちらで質問してしまいました。
どうぞ宜しくお願いします。

A:回答済

2007/01/22 4:01

異形成上皮は軽度、中等度、高度に分かれますが、いずれもHPV感染が原因ではないかと考えられています。
したがって今回軽度異形成上皮と言われたとすると、原因はやはりパピローマウィルス(HPV)の可能性はあるでしょう。

ところでHPV=感染症=性病というイメージが急に広まりました。これは情報がWEBを通じて広がり易いという事情があるものと思われます。しかしWEBの殆どは医師以外の人が(例外も勿論ありますが)書いているのが現状のようです。
このため比較的少ない情報量しかなく、またまだ医学的に確かめられていない情報があ〜っという間に事実の様に広がってしまう事があるようです。

HPVもその中に入ります。確かにセックスで感染する人もいる事は否定出来ません。しかしこのウィルスは日本の成人女性のかなりの人が持っている可能性があると考えられています。
この為、単にセックスだけでそれだけ広がる事は不可能とも考えられます。

また子宮の出口にウィルスがいるという事になれば、当然お産の時の母子感染が原因になるかも知れません。
B型やC型肝炎と同様です。
このウィルスについては、感染経路を含めてまだまだ分かっていない事が多いのです。

その意味でHPV感染があった可能性があるからと言って何も恥ずかしがる必要はありません。今申し上げたようにセックスだけが原因でない可能性があるからです。
まずは産婦人科の診察をきちんと受ける事に専念して下さい。

なおこのウィルスに関しては、これからさらにいろいろな研究が出てくるものと思われます。

ログイン ID・パスワードを忘れた方