女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頸癌検査結果について

2016/12/16 16:03  せんべい

初めまして。
先日妻が子宮頸癌検査を受けたところ、
子宮線に関してClass3a並びにAGC-NOSの結果が出ました。
子宮頸部に関しては、2年前に同様の結果が出て定期検査を行っておりましたが、
Class2へ落ちていました。
出産後(今年の7月に出産)初めての検診で引っかかってしまったので、妻も大変ショックを受けております。
そこで、今回の結果に関してですが現時点では癌ではないと理解しておりますが、
どれくらいの確率で3bまたは初期ガンへ移行するものなのでしょうか。
年明けにコルポ診の結果が出るのですが、半月ほど待たなければいけないため、
不安なまま毎日を過ごしております。
安心させて欲しいというわけではないのですが、詳しい状況を知りたいです。
宜しくお願い致します。

A:回答済

2016/12/20 10:23

婦人科クリニック 院長
 AGCは腺性異型細胞と言って、正常の腺細胞ではなく、腺に異常がある細胞が出た場合をいいます。
この細胞は炎症、ホルモンバランスの崩れ、妊娠、流産、分娩、傷のあとの修復の時も出ますが、将来腺がんになる可能性のある場合、初期の腺がんの場合も出ると考えられます。

 ただこの腺性異常の判断は、扁平上皮系統の細胞の判断に比べると難しいのが現実で、扁平上皮系の異型細胞のように、これだけで病気の程度を推測することは出来ません。

 さてAGCは、AGC-NOSとAGC-FNの分けて考えられます。
AGC-NOSは決定的な判断が不能な異型細胞で、腫瘍性かどうか特定出来ないもの。一方でAGC-FNは腫瘍性を示唆する細胞だが、AIS(初期の腺がん細胞)とまでは言い切れないものとされています。
どちらかと言うとAGCーNOSの方が程度が軽いと考えて良いでしょう。

 しかし、AGC-NOSが2回出ていますので、しっかりした観察が大切です。
コルポ診の他、HPV検査も有効ですが、定期的な検査が何より有効です。
なお、AGCが出た後、悪性度の高い病気が見つかる確率はいろいろ研究があり一定ではありません。20%-85%位までいろいろあります。しかし、AGC-NOSであれば定期的にしっかり検査し、担当医との十分な話し合いを行っていれば、十分な管理が出来るとと思います。
当ネットにAGCに対する質問、回答がたくさんありますので参考にして下さい。

ログイン ID・パスワードを忘れた方