女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頸がん異形成補足です

2016/10/14 12:11  とおます

HSIL中等度異形成になって1年半が経ちました。組織診、cin2と診断されています

いつも中等度と確定診断されていますが
今回の検査は軽度~中等度との事でしたがこの結果は中等度とは少し違う意味合いなのでしょうか…

HPVは陰性でしたが検査から1年経ったのでもう一度先生が検査をしてくれました。しかしまだ検査結果は出ていません

今まではHPV陰性と出たので半年に一回でOKと言われていましたが、心配なので3ヶ月毎に受けています

今後良くなることもあるのでしょうか。

今回、HPVのウイルス型の結果が出て、16,18以外のハイリスクと言われました…
次回の検診は3月で良いと言われましたが大丈夫なのでしょうか…

A:回答済

2016/10/17 9:36

婦人科医院 院長

 組織診で中等度異形成上皮(CINー2)と出た事と、軽度~中等度異形成上皮(CINー1~CINー2)と出た事は同じ意味と考えられます。
さてCINー2に対してどんな態度をとると良いでしょうか。
まずアメリカの専門家の集団では手術をすすめているようです。
日本では、CINー2から改善する人がいる事から、手術と経過観察の2通りの方法があるとしています。

 幾つかの調査があります。CINー2が5年以内に手術が必要なCINー3になる確率はHPVハイリスク陽性の人(16,18型以外でも)で40、5%HPV陰性の人で8、3%というデータ。一方CINー2が進展する確率が22ー25%というデータなどです。
経過観察をすすめられるのは、若い女性(若い女性の方が自然に改善する傾向が高いようです)、HPV(-)のひと、CINー2と診断されて間がない人、どうしても手術を受けたくない人たちが対象です。
 
 手術をうけない時は、慎重な経過観察が必要です。
日本産婦人科学会のガイドラインでは3ヶ月~6ヶ月ごとの細胞診とコルポ診を行うようすすめております。

ログイン ID・パスワードを忘れた方