女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:HPV52型

2016/10/06 9:00  はなはな

4年前に区の子宮頸がん検診でLSIL CIN1と言われてから、年に数回検査を受けての経過観察中です。区で紹介された病院でハイリスク型陽性との結果はもらっていたのですが、何番のウイルスなのかは検査していませんでした。
その後、病院を変えて3年間今の病院で検査を続けているのですが、先月番号の検査をしてもらい、52型、39型が陽性と出ました。
先生はこの病院で検査を始めてからのまる3年ずっと軽度異形成、LSILとASCUSを行ったり来たり、たまたまHSILというような感じだし、16や18型が陽性ではないので次は8ヶ月後の検査で良いでしょうと言われました。
帰ってから調べると52型も16や18型ほどではないが、注意した方が良い番号だとのこと。
8ヶ月の検査で問題ないでしょうか?
年齢ももう40代半ばですし、そんなに気にすることはないのでしょうか?

A:回答済

2016/10/08 11:27

産婦人科医院 院長

 「はなはな」さんが最近通っている病院では細胞診検査とウィルスの型の検査をうけている様です。
細胞診でLSIL、ASCUSが出ているうちは、これで良いのですが、一度HSILが出たのは考えなければなりません。
   細胞診では大きく分けるとLSIL、ASCUSは軽度に気をつける。
   HSILは高度に気をつけましょうという分類になります。
この高度に気をつけるというHSILが出た時は、膣拡大鏡検査が必要になります。これは胃がん検診では、胃カメラみたいな役割です。
子宮の出口の広い部分のどこに本当の異常があるか調べるものです。
ここで異常の認められた所を切り取り顕微鏡検査をするのが組織検査です。

 病気の正式な診断は、この病理組織診断で決まります。
ウィルスが出ている上にHSILが出た事があるので、膣拡大鏡検査と、それに引きつづきの組織検査が必要な状態ではないかと考えます。ただし、この検査は相当の経験のある医師の所で検査を受けるのが普通です。

 最後に子宮頚がんは30代前半に発生のピークがありますが、50代にもう1つのピークがあります。40代中ばでも、決して油断してはいけません。
 

ログイン ID・パスワードを忘れた方