女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頸がん検査結果について

2016/08/24 12:22  ハル

こんにちは。先日子宮頸がん検査をしてきました。
結果はクラス3で(aともbとも記載されていない)、所見欄には「頸管腺細胞の一部に、核の大小不同、核形不整、軽度クロマチン増量を認めます」と書かれていました。
その時、医師に言われた事は「扁平上皮は正常です。内膜の細胞が下に降りてきたのだと思います。大丈夫だと思うけど、念のため2週間後に子宮頸管と内膜の細胞をとりましょう。」と言われました。

これはどういう状態なのでしょうか?
こういう事は良くあることなのでしょうか?
その時は詳しく聞くことが出来ないまま、再検査を待っている状況です。

A:回答済

2016/08/25 9:53

産婦人科医院 院長

 検査結果の項目に「頚管腺細胞」と書いてありますから、これは「腺性の異型細胞」と言う事になります。
「腺性の異型細胞」の時は、クラスⅢと出てa、bに分かれて出ない場合があります。
これは腺細胞の異常の時は、異常があると思われるのだが、どの程度か判断出来ないという事が多いからです。
 さて、腺細胞は子宮頚管(子宮の出口と子宮体部の間の部分)と、子宮体部(子宮内膜)の両方にあります。
腺性の異型細胞は、そのどちらかから出る訳ですので、次は両方から調べようという事です。
   詳しくは、当ネット 妊娠と女性の病気について、子宮頚がんの項目をご
   らん下さい。
   【4】で詳しく説明があります。
最後に大事な事ですが、クラスⅢというのは、「がん」が直ちに疑われる訳ではないが、「正常細胞とは判断出来ない」ものを言います。再検査で異常がないという結果が出る事もありますが、念のため今後も通院という事もあります。担当医とは十分に話し合って下さい。   

ログイン ID・パスワードを忘れた方