女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頸がんHPV陰性

2016/04/12 19:12  とおます

何度もすみません。
先日、3回目の組織診を行ってきました。結果はまだです。
とゆうのも、一年前妊娠中に細胞診でHSIL中等度、2回目再検査細胞診でHSIL中等度、産んだ一ヶ月後の細胞診でASC-H、その後産後2ヶ月たった為、大学病院へ紹介して頂き細胞診HSILで組織診異常無し、2回目細胞診ASC-USで組織診異常無し。
HPVは16型18型その他高リスクHPV全て陰性でした。

コルポ診の写真を見せてもらった所はやはり白くなっている所がありました。担当医もいってもCIN2くらいだろう。との所見でした。
しかし、とても不安です。今まで組織診で一度も異常が出たことがないのです。組織診も狙い目なので違うところを採取した?可能性もありますが、4箇所など採取して頂いても組織診異常無しなのでモヤモヤします。
担当医は、産後消えてしまう人もいる。それに組織診より、細胞診の方が結果が遅れてくる事がある為組織診は異常無く細胞診はHSILの可能性もあるとのこと。しかし、そおであればコルポの白い部分は一体なんなのだろう…と不安な気持ちが消えません。もしかして腺ガンだったり見落としがあったら…と不安になります。
HPV陰性で組織診異常無し、細胞診HSILやASC-US一体なんなのでしょうか。手遅れで死にたくないです。不正出血などは無く生理も順調です。

A:回答済

2016/04/14 9:22

婦人科クリニック 医師
 細胞診でHSIL・中等度というのは、あったとしても中等度異形成上皮(CIN−2)という意味です。
これは「がん」ではありません。
異形成上皮という異常で、将来がんになる可能性よりも、自然に良くなる可能性が高いという状態を言います。
 実際の医学的統計では、CIN−2があった人でHPVが(−)の時、将来手術が必要なCIN−3になる可能性は8.3%で、それ以外の人は自然に良くなるというデータがあります。
(CIN−3というのは組織検査で高度の異型成上皮か最も初期のがんである0期のがんがある可能性があることーこの場合円錐切除で十分と言われています)

 従って、CIN−2が出た人でもHPV(−)の人では、婦人科医は手術をしないで、自然に良くなるのを待つのが普通です。
 組織で異常が出ないというのが不安の原因でしょうが、仮にどこかに異常があっても、細胞診でCIN−2を推定する異常があるならば、心配し過ぎない方が良いと言うことになります。
多分異常があっても極く狭い範囲の異常だったのではないでしょうか。

 なお一番最近の検査がASCUSという事は、細胞診でも「だんだん良くなっている」という事を意味しています。
あせらず自然体で経過をみる事をおすすめします。

 また腺がんがあれば、腺がんを疑う細胞の異常が出ます。
今迄のコメントを見ると腺がんは否定されるだろうと思います。
あせらず、担当医と十分なコンタクトをおとり下さい。

ログイン ID・パスワードを忘れた方