女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頸がん異形成

2016/01/10 22:28  とおます

妊娠中細胞診でHSIL中等度異形成で産後2ヶ月たったためコルポ診に3ヶ月前行ってきました。コルポでは見た目は恐らく中等度くらい。高度まではいってなさそうとのこと。結果が出て組織診は異常無し、細胞診はHSIL中等度と言われました。
とりあえず、産後少しで消える人もいるのでまた年明け検査しましょうと言われ、先日細胞診、コルポ診、組織診をしてきました。そして前回したHPV検査は陰性でした。
色々な人の体験談を見ているとHSILで組織診後、上皮内ガンや、浸透がんを良く見かけるので最終確定が出てないので検査結果が出るまでずっと不安です。
HSIL中等度異形成でも組織診で上皮内ガンでない可能性もあるのでしょうか。

A:回答済

2016/01/12 9:57

婦人科クリニック 院長
 この欄でたびたびお伝えしているように、子宮頚がんの検診には、4つの検査方法があります。
①細胞診検査、②コルポ診検査、③組織検査、④HPV検査です。通常①→④の順に行われます。
 今日は③組織検査だけは異常ありませんでしたが、他に異常が出ているようです。

 この状態から次の様な事が考えられます。
まずHPV感染があり、コルポ診上異常部分が出来た。このため子宮の出口(異常が出来る部分)全体を広く調べる細胞診検査でHSILという異常が見つかった。
なお、HSILー中等度異形成上皮というのは、細胞診検査で出た異常細胞の型から、組織検査では中等度異形成上皮(CIN−2といいます)という異常が見つかるのではないかと推測出来るという事です。しかし実際の組織検査では異常なしだった訳です。

 ではなぜこの様な事が起ったのでしょうか。
実はこういう事はたびたび起ることです。その理由は幾つか考えられます。
①組織診断をした時に、本当に異常のある所を採取していなかった、②病理医の診断が違っていた、③ウィルスのために異常が起ったものの異所箇所が正常に戻りつつある、④細胞診検査の結果が過剰診断であった、 などです。

 これらのどれが正しいかは決め手がありません。
定期的な検診をうける事で解決されると思います。
 なお仮に中等度異形成上皮だと、手術をすすめられる事は少ないようです。つまり時間的に余裕がありそうだという事になります。
担当の先生と話し合いながら定期的な検診をうけ、正確な診断を待つのはいかがでしょうか。

ログイン ID・パスワードを忘れた方