女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:中等度異形成上皮(CIN−2)、レーザー蒸散。

2015/10/29 9:20  あゆみ

 中等度異形成上皮(CINー2)です。
2年前から細胞診ASCUS、LSILが出ていて、再検査をうけたり、HPV検査をうけています。
HPV52(+)です。

 今回紹介されて、がんセンターで膣拡大鏡検査(コルポ診)をうけてきました。
先生のお話では、時計で言うと3時〜4時の所に少し異常があって組織検査をしたとの事でした。
 今後、治療が必要かは、今回の検査の結果で考えましょうとの事です。がんはなさそうだとも言われています。

 ネットを調べるといろいろな事が書いてあります。レーザー蒸散は入院がないか、入院しても数日との事なので、良いかなと思いますが、CINー2でレーザー治療は良いものでしょうか。 

A:回答済

2015/11/10 9:47

レディースクリニック院長
 細胞診検査でASCUS、LSILが出ていたとの事です。
これらの細胞診検査の結果は、組織検査で言うと軽度異形成上皮(CIN−1)という異常が推定される状態です。
ところが最終診断では、CIN−1の1つ上の中等度異形成上皮(CIN−2)が出ています。
 コルポ診の所見から言うと、一番異常がありそうな所の組織をとってきているようなので診断は間違いないようです。
加えてHPV52が陽性との事ですから、今の状態では次の様な事が考えられるでしょう。
 CIN−2の人でHPV52陽性の人が、将来手術をすすめられるCIN−3に進む確率は大よそ40%位。
①これを考えて今のうち手術をうける
 a)レーザー蒸散術
 b)円錐切除
 c)FDTを受ける(治療をうけられる病院が決まっています)
手術方法の選択は、年令、挙児希望があるかどうか等が参考になります。また再度異型細胞が出る確率も異なります。
②手術をうけないで、自然に良くなるのを待つという選択もあります。

 治療をどうするかは、主治医の考えも十分に聞いて決めると良いでしょう。

ログイン ID・パスワードを忘れた方