女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:HPVハイリスクに感染していました。

2015/07/06 15:39  ナッチャン

本日は、丁寧に教えてくださりありがとうございました。
先ほど、検査の結果がでて、HPVハイリスク感染をしているとのことでした。
ただ、このまま要観察でコルポ診の必要はなく次回は、半年後の検診で大丈夫とのことでした。
ハイリスクの何番も特に特定しなくてもよいとのことでした。

3ヶ月後に再検査にきてもいいか聞いたら半年後で大丈夫とのことでした。
ハイリスクに感染していたのに
コルポ診をしないことに不安を覚えました。
セカンドオピニオンを受けたほうがいいでしょうか?
たびたびすみませんが、よろしくお願いします。

A:回答済

2015/07/09 9:35

産婦人科医院 院長

 婦人科の治療方針があります。それによると子宮頚がん検診でASCUSが出た時は、
①HPV検査をするか、
②コルポ診をするか、
どちらかを選ぶよう、すすめられています。
このためHPV検査をまず行ったのだと思います。
しかしHPV検査でハイリスクが出たのであれば、コルポ診をうけないで良い理由はありません。
今の病院でコルポ診をしない方針であれば、セカンド・オピニオンを受けた方が良いと思います。

 さてHPVの型についても、お話をしておきましょう。
HPV検査には3つあります。①HPVハイリスクがいるか、いないかだけを調べる方法、②ハイリスクの中でも特に危険な16型と18型、その他に分けて結果が出る簡易ジェノタイプ検査法、③全ての型が分かるジェノタイプ検査法です。
担当の先生は多分①のハイリスクがいるか、いないかだけの検査を行ったのだと思います。ASCUSの時は、それで良いとされています。

 ただ今回ハイリスクが出ているのですから、コルポ診をうけた上で、組織検査をうける方が安心です。
この組織検査の結果によって、HPVの型が分かる検査をすすめられる場合があります。

 この組織とHPVの型で、将来、手術が必要な状態に進む可能性があるか、あるとしたら何%の確率かが分かります。
それらは専門の知識を持った医師でなければ説明しにくいかと思います。その意味でもセカンド・オピニオンを受ける事をおすすめします。

ログイン ID・パスワードを忘れた方