女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:細胞診HISLクラスⅣで精密検査異常なし、HPVハイリスク陰性、こんな事あるのでしょうか?

2015/06/17 22:48  nome

不妊症で通っている地元の産婦人科で細胞診HISLクラス3aで経過観察、三か月後HISLクラス3bだったため、精密検査をしました。酢をかけて白くなった箇所があったので2か所取ったとのこと、結果は異常なし、HPVもハイリスク陰性で安心しきっていましたが
三か月後の再検査でクラスⅣがでて、先生も首を傾げ大学病院の招待状をもらいました。
こんな事があるのでしょうか?
精密検査で取る場所がずれたのでしょうか?
今後どんな検査をしたらこのクラスⅣの本当の原因にたどり着けますか?
1.ほかにどんな検査をしたらよいのか?
2.妊娠希望です。円錐手術の流産リスクはどれぐらいですか?
3.ほかで、がんが進行している可能性はありますか?
4.一年前までは毎年クラス1、この半年でクラスⅢからⅣに進行してます。精密検査も異常がありそうな場所だといって採取されたのに異常なし、HPVハイリスク陰性、こんな事あるのですか?進行性のがんなのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。

A:回答済

2015/06/23 9:39

婦人科医院 院長 
 子宮頚がん検診でHSILが2回、クラスⅣが1回出ている事から、何か異常がある可能性があります。
一方コルポ診で白い部分(これを白斑といいます)があったものの、組織検査は異常なしだったとの事ですから、組織検査の場所が適切でなかった可能性も考えられるでしょう。
これは、今度の大学病院の検査で明らかになると思います。
今後については、
①改めてコルポ診、組織診が必要です。仮にこれらで異常がなければ、定期的検診がすすめられます。
②治療は、組織検査で正しい診断が出てからです。
細胞診クラスⅣに相当する異常は最初期のがん(0期のがん)の可能性があります。
この時は、レーザーによる蒸散手術か円錐切除がすすめられる場合が多いようです。
レーザー治療による妊娠に対する影響は無いとの研究があります。
一方円錐切除手術は、妊娠後早産率8−15%というデータがあり、手術をしない人に比べ1.5−3倍位早産率が高くなるようです。
③④今までの経過からすると、何らかの異常があっても、急に進行している可能性は少ないと思います。
但し専門医の診察、結果についての話し合いはとても大切になります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方