女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:ASC−H、組織は異常なし

2015/06/15 14:43  朋子

 健康診断をうけたらASC−H(高度の扁平上皮の病変の疑い)との事で、精密検査をうけるように言われました。
そのため近所の病院に行った所、コルポ診後、組織を取ったら異常なしとの事でした。
コルポ診では軽いけど異常があったそうなのですが。
そこの組織をとったそうです。
次は3ヶ月後に行く予定ですが、こういう事はあり得るのでしょうか。

A:回答済

2015/06/26 9:36

婦人科医院 医師

 子宮頚がん検診でASCーHという異常が出たら要注意です。
ASCーHとは子宮頚がんの前がん状態である高度異形成上皮という異常か、それより上位の異常である初期のがんの可能性もあるという意味です。
但し細胞診の検査は、時に診断が正確で無い事があります。

 このためコルポ診を行い、組織検査を行うことで正確な診断を受ける事になります。
婦人科の立場から言うと、a)細胞診、b)コルポ診、c)組織検査などそれぞれ独立した検査方法と言えます。
今回①細胞診でASCーH 重大に気をつけてが出た。
  ②コルポ診では軽度の異常
  ③組織検査では異常なし
これらの結果を見ると、あまり重大な異常がなさそうとの考えになりそうですが、必ずしも、そうとは言い切れない部分もあります。
コルポ診で重大な異常があったものの、チェック出来ず組織検査に出なかったという場合もあります。
こうした時は、日を改めた定期的な検査で初めて異常が出る時があります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方