女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頸がん検診結果 LSIL 

2015/04/07 21:57  ローズ

はじめまして! よろしくお願いいたします。

3月上旬の子宮頸がん検診の結果が要精検 頸部LSILで、先日、検診を受けた病院に精密検査に行ってきました。
コルポ診を受けましたが、どうやら私の子宮の出口?なのか入口?なのか、ピンセットの先よりも小さいということで、これ以上診察ができない(どうすることもできない)ので、経過観察で6か月後に子宮頸がん検診の再検査をしましょうと言われました。
また、40代後半ですが、若い人と違ってそんなに気にすることはないとも言われました。
私は精密検査ということで病院に行ったのに、何の結果も得られず、この先、ただ経過観察でよいのか、とても不安です。
別な病院でもう一度精密検査を受けようと思っていますが、また子宮のの出口?入口?が小さくて検査ができない事は同じなのだろうか?と、どうしたらよいのか、毎日、とても憂鬱でしようがありません。
他の検査方法などありましたら教えていただけませんか?
一日も早く、きちんと検査をし、悪いものなのか?大丈夫なものなのか?はっきりさせたいのですが・・・不安で仕方がありません。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

A:回答済

2015/04/10 13:20

婦人科クリニック 院長

 子宮は、子宮の出口にあたる部分を子宮膣部、子宮の一番奥を(生理の出る場所)子宮体部、子宮体部と膣部を結ぶ部分(生理の血液が出てくる管の部分)を子宮頚管部と呼びます。−イラストは当ネット右欄 子宮頚がんをごらん下さいー
 子宮頚がんや異形成上皮は、この子宮膣部に異常が出たり、子宮膣部から子宮頚管にかけて異常が出たりします。
 今回は子宮頚管部の入り口が狭く、子宮膣部は見えるが頚管部より奥が見えにくい(あるいは見えない)という事になります。
こうした時は 
①見える範囲で精密検査の1つであるコルポ診をうける。
②HPV検査をうける
という方法があります。

 この①の検査で異常があれば組織検査、①で異常がなければ定期的な検診になると思います。
このHPV検査の結果が参考になります((+)なら定期的検査、(−)なら少し安心)。
定期的な検診の時は、子宮頚管部に細い器具を入れて(頚管ブラシといいます)、検査をするようすすめられる場合があります。

 今の細胞診LSILは、がんが疑われる異常ではありません。
今は異形成上皮という異常が考えられる状態ですが、これが本当であれば将来がんになる確率は数%です。
自然に改善する可能性の方が高い異常と考えて下さい。
あわてず冷静に判断するようにしましょう。
なお心配なら、子宮がんを専門にする病院を受診する方法もあります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方