女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:続く異形成:とても不安

2015/04/02 10:00  にこ

先生、お世話になります
昨年10月の検査後のフォロー検診を今年3月に受けました
5か月ぶりでした
結果は細胞診:ⅡNILM 生検:軽度異形成でした
前回はⅢ:aLSIL 再生性変化でした
消えていないので次回は8月に又フォロー検診予定です
異形成が続く事で不安が絶えません
定期的な検診を受けていくしかないのでしょうか?!
軽度との結果ですがこれから変わっていく可能性も有りますか?
何かとても不安なのです
8月に痛いですが又検診受けるつもりですが
先生のアドバイスよろしくお願いします


A:回答済

2015/04/04 8:53

婦人科クリニック 院長

 安心するために、まずHPV検査をうける事をおすすめします。
生検(組織検査)で、軽度異形成が出た場合、HPV検査は保険が効きます。
 HPV検査で16、18、31、33、45、52、58のタイプを調べます。
①これらのウィルスが陰性の場合、将来手術が必要とされるCIN−3(高度異形成上皮から上皮内がん)になる確率が3.3%とのデータがあります。
②ウィルスがいた人でもCIN−3になる確率が16.6%との事です。

 ウィルスがいるか、いないかで将来の手術の可能性が随分違います。
しかし、ウィルスがいてもCIN−3に進む可能性のある人は少数です。
このため軽度異形成が出ても、定期的な検診で良いとされています。

 また仮に、現在の状態から進んでも、子宮全摘になる可能性は少なく、異常のある部分を円錐切除するか、レーザーで蒸散させるだけで良い人が大部分です。
命に関わる事、将来赤ちゃんが生めなくなる事はまずありません。
心配し過ぎないようにしましょう。
但し、定期的な検診は決して欠かしてはいけないと考えます。

ログイン ID・パスワードを忘れた方