女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:ASCUSとCIN−3 どちらが正しい?

2015/01/24 9:09  さゆり

子宮頚がん検診を毎年うけていますが、昨年はLSIL、今年はASCUSでした。
さすがに2回つづけて要注意が出たので、総合病院に行きました。
コルポ診の後、組織検査をうけたらCIN−3と言われました。
CIN−2までは経過観察だが、CIN−3になると手術をすすめると言われました。
細胞診検査ではLSILもASCUSも経過観察で良いと言われたので少し納得出来ません。
私は手術をうけた方が良いでしょうか。

A:回答済

2015/02/02 9:38

産婦人科医院 医師

 子宮頚がん検診でLSILとASCUSはほぼ同じ意味です。
コルポ診の後、組織検査をうけると、CIN−1(軽度異形成上皮)という異常が背景にある事が推測される状態です。
 しかし実際の組織検査でCIN−3が出たという事は、手術について真剣に考える必要がありそうです。
CIN−3は、がんの一歩手前であり高度異形成上皮と最初期のがんである0期のがんがある可能性があります。
顕微鏡レベルで区別が困難な場合があり円錐切除手術などで最終確認がなされる時があります。

 半年や1年前に細胞診LSILが出ても、次CIN−3が出る事は実はたまにあります。
これらの異常はHPVというウィルス感染が原因と考えられていますので、ウィルスの活動力が強く、早くに進んだという事もあるでしょう。
 しかし細胞診や組織診は顕微鏡レベルでの判断がむずかしく、判定が困難だったという場合も考えられます。

 ただCIN−3の判断が出た事は事実ですので、手術を含めた対応を主治医と相談してみて下さい。
HPVがあるか、いるとしたらどの型かの検査をすすめられる事もあるでしょう。

ログイン ID・パスワードを忘れた方