女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:円錐切除後 再発を繰り返します

2015/01/14 23:57  daisy123

はじめまして。3年前子宮頸がん検診で軽い異常が見つかり、その後中度、高度、O期の癌と、半年たたずに進行し円錐切除を受けました。
術前の検査で18型に感染していました。病理結果は高度異型性、断端は陰性で異常はとり切れており、断面まで数ミリありました。

手術後HPVは陰性になり、検診も検診で何とも無かったのですが。。術後1年半経ってコルポで白色上皮が見つかり組織診で軽度異型性になりました。
それから半年後に中度異型性になってしまいました。見せていただいた画像は、白色上皮に赤い小さな血管の点々がありました。
一度癌になっているので、中度異型性の段階で怪しい箇所を薄く切って、レーザー蒸散の手術を同時にしました。
病理結果は異形成ではなくびらん又は炎症のようなよくわからない結果でした。先生も首をひねっていました。その後すぐ、子宮頸がんワクチンを受けました。

その後安心していましたが、術後半年ほどでまたコルポで白色上皮がみつかりました。
前回怪しくて切った所と同じところです。酢酸をかけて、白色が消えるまで時間が比較的かかったようです。現在はその組織検査の結果を待っているところです。
先生はレーザー蒸散後は細胞が弱くなるのでこういうことも有り得ると慰めてくれましたが。。万が一癌になったら子宮を取ればいいだけですとも言われました。

浸潤していた場合の5年無病生存率が、18型は16型の半分ほどの確立ということも知り、怖いです。
1回目にかなり切り取っているので、2回目の円錐切除は難しいようです。
未婚で37歳なのですが、せめて40代までなんとか子宮を残したいのです。

お聞きしたいのは、
●レーザーで焼いた影響で、白色上皮になることがあるのでしょうか?
●円錐切除で取りきれ、ウィルスも陰性で、術後性交渉はほぼしていません。なぜ異形成を繰り返すのでしょうか。ウィルスがどこかに隠れていたのでしょうか。取り残しがあったのでしょうか。。

●インターネットの情報ですが、18型の異型性で円錐切除後もウィルスが消えなかった方が、まめに検診をし異形成ができたらそのつど薬品(?と書いてありましたが、レーザーの間違いかもしれません)
で焼いて、3年経ってウィルスが消えて完治した体験談を読みました。
ネット情報はあてにならないことは承知していますが、この様な方法もあるのでしょうか。PDTを受けることも少し考えていますが、私の場合危険でしょうか?
それとも先生もやはり全摘がベストだと思われますか?(今後また中度、高度異型性ができた場合)
とりとめのない質問だらけですいませんが、大変悩んでいます。何卒ご回答よろしくお願いします。

A:回答済

2015/01/19 14:02

婦人科クリニック 院長

 最初の円錐切除手術の後の組織が高度異形成でした。しかも断端フリーとの事ですから、がんではない状態のうちに、完全に切り取れたと考えられます。
しかも陽性だったHPV18が陰性になったのですから、通常は改善する事が多いと考えられます。
しかし、また異形成上皮が出たのは残念ですね。

御質問ですが、
1)レーザーで焼いたからと言って白色上皮が出る事はありません。
しかし、酢酸加工で一時的に上皮が白く見える場合があります。
これが異常な白色上皮か否かの診断は専門家の判断と細胞診によります。
2)前回中等度異形成が出たり、今回白色上皮が出たのは、手術後検出不能になる迄ウィルスが減ったか、ウィルスが別の部分にいたという可能性があります。
しかし、ウィルスが検出されない異形成上皮やがんがある場合もあります。
3)異形成上皮が出る度に何らかの治療(リープ法など)を行って、症状の改善を試みる方法は幾つかの病院で試みられていますが、効果的というデータは出ていません。

 なお今度の検診で手術が必要な事態になった時は、幾つかの選択があります。赤ちゃんを希望する時は子宮頚部摘出術(trachelectomy)という方法があります。病変部を取り、子宮を残す方法ですが、全ての病院で出来る手術ではありませんので、十分に調べてから受診、相談されてはいかがでしょうか。

ログイン ID・パスワードを忘れた方