女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:ASCUS、LSIL、HSIL

2014/12/29 9:20  冬子

 8年前に子宮頚がん検診でLSILが出ました。早速精密検査をうけた所 CIN−2でした。
その後は医師の指示通り通院していますが、CIN−2が出たのは最初の1回だけで、次の検査でCIN−1が出た後は、あとは異常なしでした。

 細胞診検査もASCUSになったり、異常なしだったのですが、1年前から急にHSILが出るようになりました。
しかし先にお話ししたように組織検査に異常は出ていません。
先生は、1回は改善したものの、8年間要注意が出ているので、そろそろ手術も考えようかとの事です。
 私もそのように考えていますが、そもそもASCUS、LSIL、HSILというのはどんな異常なのでしょうか。

A:回答済

2015/02/09 10:18

婦人科クリニック 医師
 子宮頚がん検診は1つは細胞診で行われ、1つは組織検査で行われます。
但し、この2つは並列に扱われるべきものではありません。
まず細胞診検査で子宮の出口を軽くこすって検査を行い、次いで必要だと判断されたら組織検査で精密検査をうけるという事になります。

 組織検査でCIN−2が1度出ただけで、後は異常がなかったとすると、その後はウィルスも活発ではなく、良い方に向かっていた可能性があります。
しかし、細胞診検査でHSILが出るようになったら、今回は改めて組織検査は必要になるでしょう。

 細胞診 ASCUS、LSIL、HSILについてですが
ASCUS がん細胞ではなさそうだが気をつけて、
LSIL  がん細胞ではなさそうだが気をつけて、
HSIL  気をつけての細胞だが、LSILよりは異型度が高い。時に最初期の子宮頚がんが入り込んでいる時があるから、精密検査が必要、
という状態と考えられています。

 ASCUSとLSILは、ほぼ同じ意味です。この差はASCUSは細胞診をみる専門家がLSILとは判断できず、それより軽い状態(NILM=異常なし)か重い状態(HSIL)の場合もあり得るという時に使う言葉です。

ログイン ID・パスワードを忘れた方