女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:asc-hからのクラス2

2014/10/13 7:28  ネズミ

7月に頸癌検査でクラス2の後、水っぽいおりものがたまに有るのが気になり、9月に再び頸癌の検査をしました。
結果が、asc-hとでました。そのプレートを持参して総合病院で9月末に精密検査を受けた所、細胞診コルポ診でクラス2、ウィルスも陰性でした。病理医のコメントに、持参したプレートは、やはりasc-hだが、今回のものにはそのような細胞は無いとあります。
先生も首を傾げつつ、3ヶ月後の再検査になりました。
今もたまに、水っぽいおりものはあります。
更年期なのか、たまに下腹部が重く少量の出血を見る時もあります。
こんな状態ですが、3ヶ月後の再検査までほって置いて良いのか心配です。
早めに再度検査をお願いすべきでしょうか?
ちなみに体癌は6月に不正出血中に擬陽性が一度出ましたが組織診では陰性になりました。内膜も厚くないとのことです。生理は4ヶ月ほど来ていません。


A:回答済

2014/10/16 10:00

婦人科クリニック 院長

 細胞診ASC—Hが一度出たのに次は異常なし、あるいはその逆は十分にあり得る事です。これまでも当ネットに似たような質問が幾つか寄せられています。このような事態が何故起こるのでしょうか。①細胞診や組織検査は人の目によって判断されるため、プレパラートの上の異常と思える細胞(これを異型細胞といいます)を見落としたり、過剰な判断をしてしまう事があります。②異常な箇所が小さかったり、検査が難しい所にあったりすると、細胞診に異常が出る場合と出ない場合があります。③まれですが、子宮体部に異常があり、この細胞が出ている時もあります。

 では正しい判断を得るためには、どうしたら良いのでしょう。①期間をおいて何回か検査を行う。②コルポ診、その上で異常があった場所の狙い組織検査を行う。③HPV検査をする、が有効な手段です。今回は幸い総合病院で全てを行っているようですから、3ヶ月後の検診をうける事で、正しい診断に向かうだろうと考えます。

 但し水っぽいおりもの、たまに出る出血、子宮体部の細胞診で擬陽性が出た事にも注意が必要です。子宮体がんは、子宮内で狭い範囲にしか存在しない時、子宮体部全面を浅く広がっている時は1回の検査では見つからない場合があります。このような時は、超音波検査でも判断出来ません。1回の組織検査では結論がつかない場合もあり、くり返しの検査をすすめられる事があります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方