女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:上皮内腺癌の治療方法

2014/09/24 23:08  ぽりん

コルポ・生検の結果「上皮内腺癌」と診断されました。
主治医の先生の治療方針としては「開腹手術」による「拡大単純子宮全摘出」をすると言われました。私は「膣式」もしくは「腹腔鏡」を希望しております。単純子宮全摘出よりも少し広範囲(膣の壁ギリギリ・子宮と他組織境界ギリギリ)を切除するため、安全・確実に取れる方法ということで「開腹」を勧める。当病院においては同じ症状の患者に対して「膣式」もしくは「腹腔鏡」の実績もないため行うことはできない。と言われました。

セカンドオピニオンで「腹腔鏡」手術の実績のある病院へ外来予定としています。
「腹腔鏡」手術では「拡大単純子宮全摘出」はできない、できたとしても「開腹」ほどの確実性はないのでしょうか(例えば、術中に「腹腔鏡」では発見できないような病巣を見つけるなど)
私の病気の場合「拡大単純子宮全摘出」だけでは完治しないものなのでしょうか。

A:回答済

2014/09/26 9:33

レディースクリニック 院長

 腺癌はもともと診断がむずかしく、上皮内腺癌とすると、さらに一層診断がむずかしくなります。手術後の詳しい組織診断が決め手になるでしょう。多分手術後の検診についても、詳細な説明があると思います。その点で上皮内腺癌という診断が正しければ、この術式は妥当かと思います。

 さて、その手術の方法は、膣式であれば比較的術式が安定しています。しかし手術が可能な病院は限られるでしょう。この術式で手術を行う医者がそれ程少ないという事になります。これに対し、腹腔鏡下の手術はより多くの施設で行われていますが、内視鏡技術認定医と婦人科腫瘍専門医の双方の資格をもっている婦人科医は、そう多くはありません。従ってセカンド・オピニオンを聞く事は大切かと考えます。

 なお腹腔鏡手術が完全に出来る病院では、開腹手術と差がないという事は言えそうです。多数例を経験している韓国のデータがあります。(Eun.J Obstet Gymecol 2012)。腹腔鏡手術で不利な点はなさそうですが、この手術を豊富に行っている病院で手術をうける事が必要です。「手術が上手く行く」、「手術後の経過が良い」というのは、手術をたくさん経験しているという事と同じ意味です。

ログイン ID・パスワードを忘れた方