女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:閉経直前の高度異型成

2014/08/05 20:49  みかん

よろしくお願いします。
7か月前に高度異型成でleep手術をしましたが、高度異型成の再発または取残しで、今度は全摘を勧められています。
私は円錐手術が希望でしたが、医師から閉経してしまうと子宮が固くなるので経過観察が難しくなり奥の異常に気が付かないことがある、と言われ悩んでいます。(今はぎりぎり閉経していません)
私のように短期間で再発してしかも50代の場合、円錐手術はそんなにリスクが大きいのでしょうか?また円錐手術にした場合、今後気を付けることはありますか?

A:回答済

2014/08/08 9:31

婦人科クリニック 院長

 円錐切除手術は、技術的にそんなに簡単なものではありません。また現在の状態で、どんな治療法を選択するかについては、幾つかの治療法が並列に並んでいる訳ではありません。治療法には優劣がある事を考えておいた方が良いと思います。それを前提に円錐切除を考えてみましょう。①円錐切除の最大の目標は子宮を残して、将来、赤ちゃんが生めるようにする事です。②但し精神的な意味で子宮を残したいという事も円錐切除を選ぶ理由になります。

 さて、円錐切除を行った場合、将来次の事に注意しなければなりません。①円錐切除後、病理検査で異形成上皮以上の異常が出る場合があります。その時は再手術が必要になります。②円錐切除後、子宮頚管(生理の血液が通ってくる所)が閉鎖し、生理の血液が子宮から出られなくなり子宮摘出を必要とする場合が起り得ます。③担当医の言われるように、仮に手術そのものが上手くいっても、その後の子宮頚がん検診が困難になる時があります。また更年期前後から増える子宮体がんの検診がむずかしくなる場合があります。④円錐切除手術自体がむずかしく、完全な円錐切除が出来ない場合があります。あるいは手術中、子宮全摘をしなければならない事態が起る可能性も考えられます。しかし手術に関しては、手術をする子宮の出口がどの様になっているか(手術がし易いか、病変がどの位広がっているか)を知らなければなりません。正確なアドバイスは診察してみなければ分からないと考えます。

ログイン ID・パスワードを忘れた方