女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮体がん検診クラスⅢ

2014/05/12 9:24  マリ

 子宮頚がんの検診に行ったら、40才を過ぎているし(45才)、生理以外の不正出血もあるため、子宮体がんの検診もすすめられました。
 その結果はクラスⅢで、子宮内膜増殖症の疑いでした。
先生は細胞診のコメントに、核の異型性はあまり無いとの事で、今すぐ精密検査でなくとも、3ヶ月後の検査で良いとの事でした。
 子宮体がん検診クラスⅢは、どういう状態でしょうか。子宮体がんになる可能性はあるのでしょうか。

A:回答済

2014/05/17 9:35

婦人科クリニック 医師

 子宮体がん検診クラスⅢとは、その結果だけでは子宮体がんとは診断がつかないが、念のため定期的な検診が必要なものを言います。

 子宮体部は子宮体がんが出来る場所ですが、もともとはホルモンの環境が影響する所です。ホルモンがバランス良く出ていれば、問題はないのですが、バランスが崩れると、子宮体部にある子宮内膜の厚さが不整になります。このような時に子宮体部の検査をうけると、顕微鏡レベルで、この子宮内膜の不整が正常と違った形で見えてきます。これは全くの正常の子宮内膜の型と違うためにクラス分類でクラスⅢとされ、今回のような結果が出る事があるのです。

 但し実はその不整な内膜の周囲に、さらに要注意の細胞がある時、クラスⅢと判断した判断そのものに疑問がある時もあります。そのためにクラスⅢが出た時は、定期的な検診が必要になります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方