女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:円錐切除後の検査結果について

2014/01/17 3:06  マキ

2012年夏に子宮がん検診を受けた結果クラスⅣ、その後の詳しい検査でおそらく悪いものであろうということで秋に円錐切除をしました。病理の結果、CIN-3上皮内がんだった事を聞きました。
綺麗に取り除けているので心配無いと言われたのですが、その後の3ヶ月毎の検査で4回続けてクラス3a LSILでした。
そして先日5回目の検査を受けたのですが、クラス1 NILM 異常無しと診断されました。
今までずっとLSILだったものが、たった3ヶ月でNILMになることはよくあるのでしょうか?(3aから2を飛ばして1になるのでしょうか)
5回目の検査は生理最終日で、担当医も代わりました。
このことが検査結果を左右させることはありますか?

あと、NILMなので異常無しと言われたのですが、今後も3ヶ月毎に検査しましょうとの事です。半年や1年間隔にならないのは問題があるからなのでしょうか?

A:回答済

2014/01/20 9:58

産婦人科医院 医師

 幾つかの質問がありますので順にお答えしましょう。
①上皮内がん手術後、ASCUSやLSIL(クラスⅢa)程度の異型細胞が出る事は時々あります。以前から当ネットに度々質問がありました。その理由は、まだはっきり分かっていません。殆どの人は、何回かの検査の後は正常に戻っているようです。しかし、だからと言って大丈夫だと安心しきってはいけません。稀に再手術が必要な異常が見つかる時があります。

②今までLSILだったのが突然NILМになる事もあります。これは①と関連します。手術後、気をつけての細胞が出ていたのが、いよいよ落ち着いてきたとも考えられます。しかし①で述べた様に、まだ安心しきってはいけません。

③それは、細胞診検査だけで異常がある、あるいは大丈夫と言い切るのは少し危険な時があるからです。主治医が代わった事は関係ないでしょう。細胞診は熟練した専門家(スクリーナーといいます)がチエックするのですが、間違いがある時があります。これを防ぐには、コルポ診も一緒に受けると良いのですが、コルポ診自体も経験豊富な専門家の目が必要になります。最新の医学レポートでは、手術後、HPV検査をうけると良いとのデータがあります。これは熟練した専門家がいなくても、機械が正確にデータを出してくれるので、安心度が高いと考えられているからです。ただ検査は手術前の診断には、保険が効きますが手術後の検査には、保険が効かない事に注意して下さい。

④検診間隔が3ヶ月というのは、主治医が細胞診の正確さについて理解しているからと考えます。細胞診だけに頼らず3ヶ月後の検診をうけるのは賛成したいと思います。

  

ログイン ID・パスワードを忘れた方