女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頚部異形成 中等度�・高度

2013/11/16 12:30  花

今年5月に子宮頚がん検診にひっかかり、定期検査を受けています。
最初の検査は5月組織診・コルポで、結果は軽度�・中等度異形成、
次は8月で細胞診のみで、結果はASK-H、
そして今回11月は組織診・コルポで、結果は中等度�・高度異形成でした。
主治医は今すぐに手術をする必要はなく、
また3ヶ月後に検査で、次進んでいたら手術と言いましたが、
今現在高度異形成があるのにすぐに手術じゃなくても大丈夫なのでしょうか?
主治医はよくなる可能性もあると言いましたが、今回悪化していたし、
Hpvもハイリスク陽性なので(52型)、
私的にはよくなる事はないんじゃないかと思ってしまいます。
高度異形成には初期のがんが含まれてる場合も多いと聞いたので、
本当に3ヶ月放置しておいて大丈夫なのか心配です。
円錐切除は回数が決められてるとの事なので、PDTの事も考えているのですが、
もし取りきれなかったりした場合は、
PDTの後円錐切除を受ける事もできるのでしょうか?
また、逆も可能ですか?

経過観察すべきなのか、主治医に言って手術をお願いするか、別の病院に行って円錐切除またはPDTを受けるか、迷っています。

どうか回答よろしくお願いいたします。

A:回答済

2013/11/19 9:21

産婦人科医院 医師

 最初に組織検査について説明しましょう。
組織検査の結果に?がついて、2つの病名が記載されています。
しかし殆どの病理医はこの様な表現をしません。組織検査の結果は1つの筈です。
2つの異常があれば重い方と最終結果とするのが普通です。
 今回の結果を推測すると、病理も中等度異形成上皮にするか高度異形成上皮にするか迷ったのではないかと思われます。
顕微鏡を見た病理医の気持ちは理解できますが、最終診断はどちらかに決断して欲しかったですね。

 次に中等度異形成上皮と高度異形成上皮についての対応についてです。
中等度異形成上皮は手術をしないで、経過観察する手段があります。
年令、コルポ診上の異常の広がり具合、経過観察の期間等々が考慮の対象になります。
 一方高度異形成上皮なら、手術をすすめる専門医が多いと思います。
コルポ診で見た異常の部分、組織検査をした部分のすぐ隣に初期のがんがある時もあります。
そもそも組織検査の判定がむずかしい時もあります。

 今回はセカンド・オピニオンを聞く、あるいは別の医師の診断をうけてみるなど対応もあるかと存じます。
最後に手術の方法は、1つの手術の後、同じ手術をうける事も、より上位の手術をうける事も可能です。
手術の術式、取り切れなかった時の対応は担当医が詳しく話をしてくれると思います。

ログイン ID・パスワードを忘れた方