女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:円錐切除後の細胞診

2012/10/04 10:45  ひな

こんにちは。
ご相談させて頂きます。
5年前より子宮頸がんの検診を行っており結果はずっとクラス1でした。
しかし、今年の細胞診でHSIL、コルポでCIS(HPV16)との診断で3月に円錐切除術を行いました。
病理結果で「上皮内癌で断端近接」との結果であり4月に細胞診を行いました。
その結果で再びHSIL、コルポで高度異型性〜CISの診断がでて、2回目の円錐切除術を8月に行いました。結果は上皮内癌ではありましたが、断端陰性でありひと安心し喜んでおりました。
しかし、術後1か月の細胞診の結果でASC-USでした。私は断端陰性だったので、NILMの結果が返ってくると思っていたので、不安な気持ちでいっぱいです。
今後、再検査し結果が悪い時はまた手術になるのでしょうか?円錐切除を2回までは行った人はネットでもお見かけしますが、3回目の手術をされた方は・・・・。
結婚したばかりであり妊娠を強く希望しております。
円錐切除の治癒過程でそのような結果がでることもあるのでしょうか?

A:回答済

2012/10/06 8:58

レディースクリニック院長
 2回目の円錐切除後の細胞診にASCUSが出たとの事で心配でしょうが、実はこの様な事は手術後の細胞診で時々起ります。大部分の方は時間とともにNILMになりますので、今の所あまり心配されませんように。
 当欄でもこれまで数回取り上げております。
 面倒でもごらんになれば参考になると思います。
 
 さてCISの方ですが、2回目の円錐切除で断端陰性だと再発の可能性は大変低くなります。
しかし、再発は完全に0ではありませんので、定期的な検診は必要になります。
今後再度HPV検査をうける事をおすすめします。
HPV16(−)であれば、原因のウィルスが今いなくなったという事になります。
また、HPV16(−)になれば、子宮頚がん予防ワクチンを打つのも1つの方法です。
これの効果については疑問だという人もいますが、4−5万円のワクチン費用で済む事なら悪くはないと思います。

 また万が一それでも再発した場合、赤ちゃんが生めるような幾つかの治療法が考えられています。
子宮頚がんの出来る頚部は全摘をし、子宮体部を残し妊娠に備える方法もその1つです。
不幸にして再発した場合でも(その可能性が少ないにしても)婦人科医はいろいろな努力をしてくれます。

ログイン ID・パスワードを忘れた方