女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頚がん検査(HSIL)コルポ診とは?

2012/09/20 10:35  まいこ

 子宮頚がん検査で2回つづけて要注意が出ました。
1回目は2ヶ月前検診センター。
2回目は1ヶ月前再検査で婦人科。
2回ともHSILです。
 2回目の検査の結果を聞いた所、次は精密検査のコルポ診をした方が良いとの事です。
その結果、より詳しい組織検査をする事もあると言われました。
詳しい説明がなかったので、どんな検査か気になっています。
HSILはがんになる可能性が高い異常でしょうか。
またコルポ診はどんな検査でしょうか。
 

A:回答済

2012/09/25 9:17

婦人科医院 医師

 子宮頚がん検診では、まず細胞診検査を行います。
結果は、ベセスダ分類という方法で出ます。
この中でHSILは①がんではないと思われるが、がんになる可能性があるもの、あるいは②極く初期のがんがあるかも知れないものを言います。
  詳しくは当ネット 子宮がんー子宮頚がんーベセスダ分類をごらん下さい。

 このためHSILが出ると、精密検査が必要になります。
この時すすめられるのが、コルポ診(膣拡大鏡検査)です。
コルポ診で、婦人科専門医が、子宮頚がんの出来易い部分を観察し、異常がないか診察します。
その時点で異常があると判断されたら、その部分を削り取ってさらに詳しく顕微鏡検査をうける事になります。
これを組織検査といいます。
 この検査の結果が、ほとんどの場合、最終の診断になります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方